【ウルトラサンムーン】実質耐久指数【PGL統計】

1.はじめに

今回は”実質耐久指数”という概念について考えてみます。

この実質耐久指数は、耐久ステータスとタイプ相性という2つの側面から算出されているという点において、耐久ステータスのみから算出されている通常の耐久指数(H×B or H×D)の上位概念です。

この二つの耐久指数を区別するために、今後は通常の耐久指数のことを”名目耐久指数”と呼ぶことにします。

スポンサーリンク

2.実質耐久指数の定義

それでは、実質耐久指数とは何なのでしょうか?実質耐久指数を以下のように定義します。

実質耐久指数:努力値が無振りのとき、何%の確率で相手の攻撃を耐えることが出来るか。

相手の攻撃を耐える確率が高いほど、実質耐久指数は高いという訳です。実質耐久指数は確率なので [0,1] or [0,100] の数値を取ります。

相手の攻撃を耐えるかどうかには、防御側のポケモンの耐久ステータス・攻撃側のポケモンの火力の2つが影響します。また、火力にはタイプ相性が含まれていることに注意してください。

防御側のポケモンの耐久ステータスは努力値が無振りのときのものなので把握出来ますが、攻撃側のポケモンの火力は把握できません。しかし、前回の記事で火力分布を求めることが出来たので、火力分布を利用して攻撃側のポケモンの火力を計算します。

シーズン10ダブルバトルのランキング30位までのポケモンの実質耐久指数を求めてみました。物理・特殊それぞれについて、ランキング形式で発表します!

3.実質耐久指数ランキング

実質物理耐久指数ランキング ポケモン名 実質物理耐久指数 名目物理耐久指数ランキング 名目物理耐久指数
1位 メガボーマンダ 90.8%(威嚇込) 1位 38250(威嚇込)
2位 ボーマンダ 79.0%(威嚇込) 8位 25500(威嚇込)
3位 メガクチート 76.6%(威嚇込) 5位 27187(威嚇込)
4位 霊獣ランドロス 73.1%(威嚇込) 6位 27060(威嚇込)
5位 ナットレイ 71.2% 12位 22499
6位 カプ・レヒレ 70.9% 18位 19575
7位 カプ・ブルル 69.1% 18位 19575
8位 メガメタグロス 68.6% 7位 26350
9位 ガオガエン 68.5%(威嚇込) 3位 28050(威嚇込)
10位 ギルガルド(盾) 67.7% 10位 22950
10位 ジャラランガ 67.7% 13位 21750
12位 クレセリア 66.2% 4位 27300
13位 カミツルギ 64.6% 15位 20234
14位 メガバンギラス 62.6% 2位 29750
15位 メタグロス 62.4% 9位 23250
15位 クチート 62.4%(威嚇込) 17位 19687(威嚇込)
17位 サンダー 60.6% 21位 17325
18位 ペリッパー 58.3% 25位 16200
19位 エルフーン 57.8% 30位 14175
20位 メガリザ-ドンY 55.6% 28位 14994
20位 リザ-ドン 55.6% 28位 14994
22位 モロバレル 55.0% 22位 17010
23位 バンギラス 54.4% 11位 22750
24位 カプ・コケコ 54.3% 27位 15225
25位 トリトドン 53.3% 24位 16368
26位 ミロカロス 52.8% 23位 16830
27位 メガガルーラ 52.6% 14位 21600
28位 ギルガルド(剣) 50.5% 39位 9450
29位 カビゴン 49.1% 16位 19975
30位 ニョロトノ 44.0% 26位 15675
30位 メガゲンガー 44.0% 34位 12825
32位 ミミッキュ 43.6% 33位 13000
33位 ガルーラ 43.0% 20位 18000
34位 カプ・テテフ 39.4% 32位 13775
35位 ゲンガー 37.5% 38位 10800
36位 ルンパッパ 35.2% 31位 13950
37位 メガサーナイト 33.4% 36位 12155
37位 サーナイト 33.4% 36位 12155
39位 ウツロイド 29.1% 35位 12328

実質特殊耐久指数ランキング ポケモン名 実質特殊耐久指数 名目特殊耐久指数ランキング 名目特殊耐久指数
1位 カビゴン 80.4%     3位 30550
2位 クレセリア 78.4%    4位 29250
3位 ナットレイ 72.5%     12位  20264
4位 メガバンギラス 70.6%(砂補正込) 1位 36750(砂補正込)
5位 ウツロイド 67.1% 5位 27784
6位 トリトドン 67.0% 17位 18972
7位 ギルガルド 64.5% 7位 22950
8位 ミロカロス 63.0% 6位 24650
9位 メガリザードンY 63.0% 11位 20655
10位 バンギラス 62.6%(砂補正込) 2位 31500(砂補正込)
11位 メガメタグロス 60.6% 13位 20150
12位 メガガルーラ 60.0% 10位 21600
13位 カプ・レヒレ 59.9% 9位 21750
14位 メガサーナイト 59.7% 8位 22165
15位 ガオガエン 55.3% 20位 18700
16位 メタグロス 55.2% 25位 17050
17位 ニョロトノ 54.0% 14位 19800
18位 リザ-ドン 52.6% 30位 16065
19位 ガルーラ 51.5% 24位 18000
20位 ルンパッパ 51.0% 22位 18600
21位 カプ・テテフ 50.5% 15位 19575
22位 サーナイト 49.5% 16位 19305
23位 モロバレル 49.4% 18位 18900
24位 メガクチート 48.9% 32位 14375
25位 ジャラランガ 48.7% 19位 18750
26位 メガゲンガー 44.8% 31位 15525
27位 メガボーマンダ 43.6% 20位 18700
28位 サンダー 42.2% 23位 18150
29位 ボーマンダ 40.3% 26位 17000
30位 カプ・ブルル 39.4% 27位 16675
31位 ギルガルド 36.5% 37位 9450
32位 ミミッキュ 35.4% 29位 16250
33位 霊獣ランドロス 35.1% 28位 16400
34位 ゲンガー 33.4% 34位 12825
35位 クチート 32.3% 38位 9375
36位 ペリッパー 30.4% 36位 12150
37位 エルフーン 30.1% 34位 12825
38位 カプ・コケコ 29.6% 33位 13775
39位 カミツルギ 17.1% 39位 6834

4.考察

物理のトップ3はメガボーマンダ・ボーマンダ・メガクチート、特殊のトップ3はカビゴン・クレセリア・ナットレイとなりました。

物理に関しては、上位はほぼ威嚇のポケモンが占めていますね。威嚇を除いた中ではナットレイが一番なので、物理・特殊共にナットレイが強いことがうかがえます。

特殊に関しては、クレセリア・カビゴン・バンギラスなどはタイプ相性よりもステータスの高さで上位にくい込んでいますね。物理に比べて、ステータスのごり押しが通用しやすいようです。

実質物理耐久ランキングと名目物理耐久ランキングでの順位の差が10以上のポケモンを挙げてみると、カプレヒレ・カプブルル・(メガ)バンギラス・エルフーン・(メガ)ガルーラ・ギルガルド(剣)・カビゴンであり、9体もいます。実際の耐久力は、普段使っている耐久指数(名目耐久指数)ではうまく測れていないことが確認されました。

一方で、実質特殊耐久ランキングと名目特殊耐久ランキングでの順位の差が10以上のポケモンを挙げてみると、トリトドン・リザ-ドンの2体だけなので、特殊に関しては普段使っている耐久指標でも問題は少ないと言えます。

5.終わりに

普段使っている名目耐久指数が、真の耐久力を表しているとは限らないので、タイプ相性も考慮する必要があります。

特殊の場合はステータス通りの耐久力である場合が多いですが、物理の場合はタイプ相性も重要なようです。

今回は火力分布から実質耐久指数を求めましたが、一般的にはこれを求めるのは非常に難しいです。労力が半端じゃないです。その点から言うと、残念ながら、今後も名目耐久指数が使われ続けていくのかなーと思います。

END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする