【単体考察】バンギラス【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はバンギラスの考察です。バンギラスはダブルバトルのトップメタの中でも古株であり、長年人気がある存在です。そのため、インターネット上にはバンギラスの考察であふれているので、それらと差別化出来る記事を書けるように頑張りたいです。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:岩・悪
特性1:砂起こし
隠れ特性:緊張感
メガ特性:砂起こし
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
バンギラス 100 134 110 95 100 61 600
メガバンギラス 100 164 150 95 120 71 700

3.考察

3-1.種族値

バンギラスはHP・防御・特防種族値が3拍子揃ってそれぞれ高いので、物理耐久・特殊耐久は共に非常に高いです。バンギラスは物理に対して脆いと言われることがありますが、それは砂補正を含めた特殊耐久と比較したらそりゃ物理耐久が低いのは当然であって、決してバンギラスの物理耐久は低くはありません。むしろ、砂嵐が無い状態であれば物理耐久の方が高いです。

攻撃面では、バンギラスは攻撃種族値がとても高いので対戦環境には物理型がほとんどですが、特攻もそこそこ有るので特殊型も無くはないです。実際、カロスダブルでは物理型よりも特殊型のバンギラスの方が人気が高かったので、環境によっては特殊型もネタでは無いと思います。

素早さ種族値は61であり、サンムーンで登場したテッカグヤと同速です。テッカグヤもダブルバトルでの使用率は高いので、対戦中にバンギラスとテッカグヤの素早さ関係を把握するのはそこそこ重要になります。また、この61ラインが他のポケモンの素早さ調整先に使われることも多く、バンギラスは意外と中速ポケモン・S振り鈍足ポケモンに対して先手を取れないことも多いです。

3-2.タイプ

抜群:草・水・地面・虫・鋼・フェアリー・格闘(4倍)
いまひとつ:ノーマル・炎・飛行・毒・ゴースト・悪
効果無し:エスパー

バンギラスのタイプは岩・悪です。イワークではないので注意してください。しかしながら、ヨーギラス・サナギラスのタイプは岩・地面なのでイワークと同じです。かなり紛らわしいので混乱した人も多いと思います。

上記の通り、バンギラスは弱点が7タイプもあります。ふとバンギラスより弱点が多いポケモンっているのかなぁと思ったので、弱点が最多のポケモンを調べてみました。弱点は最多で7タイプであり、そのタイプ組み合わせは以下のようになっています。

岩・エスパー(ソルロック・ルナトーン)[浮遊なので実質的な弱点数は6つ]
岩・格闘(テラキオン)
岩・悪(バンギラス)
草・氷(ユキノオー)
草・エスパー(セレビィ・通常ナッシー)
草・悪(ダーテング・ノクタス)

やはり、バンギラスの弱点は全ポケモン中で最多だということが分かりました。ポケモンの強さはタイプ相性だけでは決まらないということですね。

バンギラスの単体考察から脱線しますが、弱点最多ポケモンの感想を残しておきます。まず、テラキオンの弱点がこれほど多いというのは意外でした。ここからも弱点が多いからといって弱いとは限らないという教訓が見えてきます。次に、サンムーンのパッケージポケモンであるソルロックとルナトーンの弱点数が最多なのは非常に悲しいです。個人的にソルロック・ルナトーンの持ち物は弱点保険で確定しました。最後に、草タイプの複合タイプと岩タイプの複合タイプのポケモンの弱点数は多くなるにもかかわらず、岩・草タイプのユレイドルの弱点が4タイプしかないのは驚きです。平均的にみれば、弱点数は多い方ではありますが、7タイプと比較すれば大した数ではありません。

3-3.特性

砂起こし:場に出ると5ターンの間、天候が砂嵐状態になる。
緊張感:相手は木の実を使用できなくなる。

砂起こしは、岩タイプのポケモンの特防が1.5倍になる、岩・地面・鋼タイプ以外のポケモンに毎ターン定数ダメージを与える、といったような砂嵐それ自体の効果も優秀ですが、他の天候を上書きできるという意味で超強力な特性です。そういう意味で、バンギラスを使用する理由の半分くらいは砂起こしにあると思います。

緊張感は、端的に言うと特防の上昇がなくて、天候を上書きできないバンギラスです。そんなバンギラスに価値を見いだせるのかどうかは怪しいです。以前のスペシャルレートにあった木の実ダブルみたいな特殊な環境なら活躍できるかもしれませんが、通常のダブルレートで活躍できるのかは疑問です。一応サンムーンでフィラの実が大幅に強化され、木の実を持たせることが増えたので、緊張感の需要自体は上がっていますが、砂起こしとのトレードオフに見合うとは思えません。但し、もしバンギラスをメガ進化させるなら、メガ進化前の特性は緊張感でも良いのかもしれません。

3-4.技

有用そうな物理攻撃技:岩雪崩、ストーンエッジ、かみ砕く、投げつける、だめ押し、追い打ち、地震、アイアンヘッド、逆鱗、瓦割り、シャドークロー、炎のパンチ冷凍パンチ雷パンチけたぐり馬鹿力アクアテール

有用そうな特殊攻撃技:悪の波動、バークアウト、冷凍ビーム、10万ボルト、火炎放射、気合い玉、大地の力竜の波動

有用そうな変化技:鉄壁、竜の舞、ロックカット、守る

赤字は教え技なのでサンムーンでは習得出来ません。

非常に多くの技を覚えるのでサブウェポンには困らないと思います。むしろどの技を採用するかで悩む場合の方が多そうです。

一般的な技構成は、かみ砕く・岩雪崩・冷凍パンチ(けたぐり・馬鹿力)・守るとかになるのかなと思います。ガブリアスやメガボーマンダなどは特殊耐久の方が低く、威嚇の影響を受けずに攻撃できるので、冷凍パンチではなく冷凍ビームを採用する場合もあります。また、メガバンギラスであれば、竜の舞を搭載した型も多いはずです。

3-5.持ち物

こだわりスカーフ、弱点保険、命の玉、悪Z、バンギラスナイトなどが人気を博しています。

4.育成例

4-1.スカーフ型

性格:陽気
特性:砂起こし
持ち物:こだわりスカーフ
技:岩雪崩・かみ砕く・けたぐり(馬鹿力)・冷凍パンチ
努力値:A252、B4、S252
実数値:175-186-131-×-120-124

与ダメージ
H4メガボーマンダをダブルダメージ岩雪崩で中乱数2発(砂ダメ2回で高乱数)
H4ペリッパーウインディにダブルダメージ岩雪崩で7~8割のダメージ
H252ヒードランにけたぐり(馬鹿力)で6~8割のダメージ
H4メガガルーラにけたぐりで6~7割、馬鹿力で7~9割のダメージ
H252メガバンギラスをけたぐり(馬鹿力)で高乱数1発
H252クレセリアにかみ砕くで5~6割のダメージ
H252ギルガルドにかみ砕くで6~7割のダメージ
H4メガボーマンダに冷凍パンチで8~9割のダメージ(砂ダメで低乱数1発)
H4ガブリアスランドロスを冷凍パンチで確定1発

説明不要レベルであるテンプレのスカーフバンギラスです。こだわりスカーフを持たせることで最速117族(エンニュート)まで抜くことが出来ます。上から岩雪崩を連発しているだけで相手のポケモンが勝手に怯んで動けなくなるので強いです。バンギラスは弱点が多いので、弱点を突かれる前に先に行動して相手を倒すのが理想です。スカーフランドロスには注意した方が良いです。

4-2.竜舞メガバンギラス型

性格:陽気
特性:砂起こし→砂起こし
持ち物:バンギラスナイト
技:岩雪崩・かみ砕く・地震・竜の舞
努力値:H252、A4、S252
通常実数値:207-155-130-×-120-124
メガ実数値:207-185-170-×-140-135

与ダメージ(竜の舞1積み後のメガバンギラスで計算)
H4ペリッパー、ウインディをダブルダメージ岩雪崩で確定1発
H4メガボーマンダにダブルダメージ岩雪崩で6~8割のダメージ
H252ヒードランをダブルダメージ地震で確定1発
H4カプ・コケコをダブルダメージ地震で確定1発
H252メガクチートにダブルダメージ地震で6~8割のダメージ
H4メガメタグロスにダブルダメージ地震で5~7割のダメージ
H252クレセリアにかみ砕くで8~9割のダメージ
H252ギルガルドをかみ砕くで低乱数1発

竜の舞を積んで全抜きを狙う型です。竜の舞1積み後に最速130族抜き抜きを達成できるように最速個体です。攻撃に種族値を4しか振っていないにもかかわらず、メガバンギラス状態の攻撃実数値は陽気A252振りバンギラスの攻撃実数値よりも1低いだけです。したがって、この型のメガバンギラスの火力は陽気バンギラスの火力に等しいと考えて問題ありません。竜の舞を確実に積めるようにHS振りですが、火力こそ正義だと思うならAS振りをどうぞ。

4-3.緊張感型

性格:意地っ張り
特性:緊張感
持ち物:バンギラスナイト
技:岩雪崩・かみ砕く・冷凍パンチ(けたぐり)・守る
努力値:A252、B4、S252
通常実数値:175-204-131-×-120-113
メガ実数値:175-237-171-×-140-123

食いしん坊のカビゴンベトベトン(アローラのすがた)に対して強く立ち回れるのが緊張感型の強みです。とはいえ、砂嵐の無いバンギラスは雑魚なので、緊張感が必要ない場面ではメガ進化して、真のバンギラス(砂バンギラス)となりましょう。

4-4.天候支配型

性格:陽気
特性:砂起こし
持ち物:バンギラスナイト
技:日本晴れ・雨乞い・岩雪崩・守る
努力値:H252、A4、S252
通常実数値:207-155-130-×-120-124
メガ実数値:207-185-170-×-140-135

天候を支配する者はダブルバトルを制すという格言に則っています。まず、バンギラスを場に出すと天候を砂嵐状態にします。その後、仮にペリッパーやメガリザードンYコータスに天候を上書きされたとしても、メガ進化や日本晴れ・雨乞いで再度天候を上書きすることが出来ます。天候を取ることに対して、このバンギラスの右に出るポケモンはいないと思います。もちろん、天候を支配したからといって確実に勝利できる訳でもないので鵜呑みにしないでください(笑)

5.終わりに

最初に既存のバンギラスの単体考察と差別化出来るような記事を書くのを目標にすると所信表明をした割には、建設的・革新的なバンギラスの単体考察にならなくてすみませんm(_ _)m 拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする