【単体考察】バタフリー【ダブル】

<

画像はserebii.net様より引用

h3 id=”a01″>1.はじめに

今回はバタフリーの考察です。僕は虫が苦手なのでバタフリーの考察はさくっと終わらせたいです(笑)。もしも現実でバタフリーと遭遇したら全速力で逃げると思います...。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:虫・飛行
特性1:複眼
隠れ特性:色眼鏡
複眼+眠り粉 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
バタフリー 60 45 50 90 80 70 395
ビビヨン 80 52 50 90 50 89 411

3.考察

3-1.種族値

かなしいかな。バタフリーは合計種族値が400にすら届かない395です。これは不遇ポケモンと言っていいでしょう。とはいえ、特攻が(バタフリーの中では)高く、素早さも中速程度なので特殊アタッカーとして活躍できる、かもしれません。

役割が似ているビビヨンと種族値を比較してみます。特攻は同じ、物理耐久はビビヨンの方が上、特殊耐久はバタフリーの方が上、素早さはビビヨンの方が上です。バタフリーがビビヨンに唯一勝っているのが特殊耐久ですね。しかし、バタフリーの特殊耐久自体は決して高くないです。バタフリーやビビヨンが気合いのタスキを持たせてしまえば、特殊耐久の差はほとんど意味が無くなるので、ビビヨンの劣化かもしれません。

3-2.タイプ

抜群:炎・氷・電気・飛行・岩(4倍)
いまひとつ:虫・草(1/4)・格闘(1/4)
効果無し:地面

弱点は5タイプも有りますが、半減以下は4タイプしかありません...。種族値に続いてタイプでもいじめられているのでしょうか。しかし、半減以下の4タイプのうち、草と格闘は1/4、地面は効果無しなので、実質的には1つ1つはかなり優秀です。

格闘タイプが1/4とはいえ、物理耐久は紙なので、格闘受けが成立するかというと微妙なところです。逆に物理耐久は紙であるにもかかわらず、格闘タイプの物理技を耐えることが出来ると考える方が前向きな考え方で良いかもしれません。

3-3.特性

複眼:命中率が1.3倍になる。
色眼鏡:効果がいまひとつの技で与えるダメージ量が2倍になる。

特性は複眼・色眼鏡の両方とも優秀です。まず、複眼は眠り粉の命中率を大幅に上昇してくれる強力な特性です。複眼によって、眠り粉の命中率が97になり、ほぼ確実に当たるようになります。キノコの胞子の強さを考えれば、複眼+眠り粉もそれに匹敵する強さですね。

色眼鏡は、ポケモンという対戦ゲームにおいて最も重要なタイプ相性を無視して攻撃できる点が魅力です。バタフリーの特殊火力は大したことはありませんが、どんなポケモンに対してもタイプ一致技が等倍になるので、コンスタントにダメージを与えることが出来ますね。しかし、色眼鏡はバタフリー自体が利用するより、バタフリーのスキルスワップによって高火力のポケモンに色眼鏡を渡す方が強いので、色眼鏡は高火力のポケモンが無双するための特性という位置づけになると思います。

3-4.技

有用そうな攻撃技:虫のさざめき、とんぼ返り、エアスラッシュ、ソーラービーム、エナジーボール、ギガドレインエレキネット、サイコキネシス、シャドーボール

有用そうな変化技:蝶の舞い、追い風、怒りの粉、誘惑、眠り粉、羽休め、自己暗示、スキルスワップ、守る

赤字は教え技のため、習得には注意してください。

バタフリーは追い風・眠り粉・怒りの粉・蝶の舞いなどといった優秀な変化技が多いです。蝶の舞い以外は味方のサポートにも使えるので、バタフリーはダブルバトル向きのポケモンと言えます。一応は蝶の舞いに関しても、味方の自己暗示やオドリドリの踊り子のコンボにつなげることが出来るので、サポート技のような感覚で使えますね。アタッカーよりもサポート中心の方が活躍が見込めるポケモンなので、攻撃技は0か1・変化技は3か4入れるのがちょうど良いでしょう。

3-5.持ち物

紙耐久のため気合いのタスキを持たせると安心です。バタフリーは素早さがそれほど高くないので行動前に倒されてしまうというリスクを大きく減らすことが出来ます。
色眼鏡アタッカーであれば、虫Zや飛行Zを持たせて予期せぬ大ダメージを与えるのも有りです。バタフリーを舐めて放置してきたら、Z技をぶっぱしましょう。

4.育成例

4-1.サポート型

性格:臆病
特性:複眼
持ち物:気合いのタスキ
技:追い風・怒りの粉・眠り粉・エアスラッシュ
努力値:H252、B4、S252
実数値:167-×-71-110-100-134

追い風→眠り粉でこちら側が優位な展開を作ります。怒りの粉はアタッカーへの攻撃を防ぎつつ退場して、後続のアタッカーへとスムーズにシフトできる点が便利です。エアスラッシュは挑発対策および怯み狙いで使います。

4-2.色眼鏡スワップ型

性格:臆病
特性:色眼鏡
持ち物:気合いのタスキ
技:追い風・スキルスワップ・眠り粉・怒りの粉
努力値:H252、B4、S252
実数値:167-×-71-110-100-134

色眼鏡+スキルスワップというと、モルフォンやシンボラーが有名です。バタフリーはこれらのポケモンと比べて性能が低いものの、読まれにくいのが利点です(読まれにくさ程度しか利点が無いのは内緒)。潮吹きメガカメックスや噴火バクフーンに色眼鏡を渡して全抜きを狙いましょう。

4-3.蝶の舞いアタッカー型

性格:臆病
特性:複眼
持ち物:気合いのタスキ、虫Zなど
技:眠り粉・蝶の舞い・虫のさざめき・ギガドレイン
努力値:B4、C252、S252
実数値:135-×-71-142-100-134

まずは眠り粉で相手のポケモンを眠らせます。眠っているうちに蝶の舞いを積んで、攻撃にシフトします。シングルバトルならうまくいきそうですが、ダブルバトルだと相手が2体いるので難しい気がしますが、気合いで(気合いのタスキで)頑張りましょう。

5.終わりに

机上論丸出しの考察でしたが、それだけ低種族値のポケモンを活躍させるのは現実的に難しいということです(言い訳。)バタフリーを育成しようという人はほとんどいないと思いますが、もしもこの単体考察記事がバタフリー育成の際に参考になったなら幸いです。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする