【単体考察】ガブリアス【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はガブリアスの考察です。前回のボーマンダに続いて2回連続でドラゴンタイプのポケモンなのでドラゴンに飽きました。そのため、今回は簡単に済ませたかったんですが、結局いつもと同じくらいの文量になりました..。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:ドラゴン・地面
特性1:砂隠れ
特性2:鮫肌
隠れ特性:砂の力
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
ガブリアス 108 130 95 80 85 102 600
メガガブリアス 108 170 115 120 95 92 700

3.考察

3-1.種族値

ガブリアスは攻守速に非常にバランスの取れたポケモンです。言い換えるなら、攻撃・耐久・素早さの三拍子が揃っていて非の打ち所がないです。このようにガブリアスの種族値はパーフェクトと言って良いと思いますが、欠点を強いて挙げるなら特殊耐久が物理耐久に比べて少し低いことです。とはいえ、前回考察したボーマンダよりも特殊耐久は高いので本当に些細な事かもしれません。

3-2.タイプ

抜群:ドラゴン・フェアリー・氷(4倍)
いまひとつ:炎・岩・毒
効果無し:電気

弱点は3タイプ、半減以下は4タイプです。弱点数は少ない方なので、そこがガブリアスの強さの一部になっています。半減以下のタイプ数は意外と少なく4タイプしかありません。確かにガブリアスによって技のタイプ相性で詰まされた記憶はほとんど無く、大体のタイプがガブリアスに対して等倍ですね。

3-3.特性

砂隠れ:天候が砂嵐の時、回避率が1.25倍になる。
鮫肌:直接攻撃を受けると、相手の最大HPの1/8だけダメージを与える。
砂の力:天候が砂嵐の時、岩・地面・鋼タイプの技の威力が1.3倍になる。

耐久に比べて火力がインフレしているダブルバトルにおいては、1回でも技を回避することは非常に大きな意味を持つので砂隠れは強力な特性だと思います。しかしながら、発動条件は天候が砂嵐の時だけと限定的であり、天候が砂嵐だからといって必ず回避できる訳ではなく運に依る部分が大きいです。相手の攻撃を避けられたらラッキーくらいの感覚でいる方が良さそうです。

鮫肌は直接攻撃をしてくる物理アタッカーの牽制になるので優秀な特性です。特にメガガルーラに対して大きな圧力を加えることが出来る点は高評価です。メガガルーラから攻撃を受けることで、逆にメガガルーラの最大HPの1/4ものダメージを削ります。しかもゴツゴツメットを併せれば、およそ58%ものダメージを与えることが出来ます。
砂の力はメガガブリアスの特性です。砂隠れ同様、バンギラスなどの特性が砂起こしのポケモンとセットで使うことで初めて発動出来ます。ガブリアス自身が手動で砂嵐をしても良いですが、技スペースが苦しいです。方法はさておき、仮に砂嵐状態になれば、攻撃種族値170+砂の力の火力は本当にやばいです。「やばい」だけでは内容が伝わらないと思うので具体的に言うと、こだわり鉢巻きガブリアスの火力よりも砂の力メガガブリアスの火力の方が上です。

3-4.技

有用そうな攻撃技:ドラゴンクロー、ダブルチョップ、逆鱗、流星群、竜の波動、地震、岩雪崩、ストーンエッジ、かみ砕く、炎の牙、火炎放射、アイアンヘッド、毒づき、アクアテール大地の力

有用そうな変化技:剣の舞、身代わり、ステルスロック、守る

赤字は教え技なのでサンムーンでは習得不可です。

技構成については岩雪崩と地震は確定技として、ドラゴンクロー・毒づき・アイアンヘッド・守るあたりから2つ選択するのが良いと思います。岩雪崩は環境に多いメガリザードンYに刺さるし、その他岩タイプが弱点のポケモンは意外と多いので使う機会は良く有ります。何より、怯み狙いで岩雪崩を撃つだけで強いです。地震は地面タイプのガブリアスを採用する上で必須の技と言えます。地震の無いガブリアスは何の為に採用されているのかよく分かりません。

3-5.持ち物

PGLの統計データによると、地面Z・こだわりスカーフ・突撃チョッキ・気合いのタスキ・ガブリアスナイトの順に人気があるようです。ガブリアスと同じ地面タイプのランドロスはこだわりスカーフ・地面Z・突撃チョッキ、ドリュウズは地面Z・命の玉・気合いのタスキの順に多くなっており、地面Zは地面タイプのポケモン全体に普遍的な人気が有ると言えます。

4.育成例

4-1.最速型

性格:陽気
特性:鮫肌
持ち物:地面Z、突撃チョッキ、気合いのタスキなど
技:地震・岩雪崩・毒づき・ドラゴンクロー(守る)
努力値:A252、D4、S252
実数値:183-182-115-×-106-169

与ダメージ
H252ヒードランをダブルダメージ地震で確定1発
H4カプ・コケコをダブルダメージ地震で確定1発
H4ウインディをダブルダメージ地震で中乱数1発
H252メガクチートにダブルダメージ地震で6~8割のダメージ(手助けで確定1発)
H252ギルガルドにダブルダメージ地震で5~6割のダメージ
H4メガリザードンYをダブルダメージ岩雪崩で確定1発
H4カプ・テテフに毒づきで8~9割のダメージ
H252カプ・ブルルを毒づきで中乱数1発
H4メガボーマンダにドラゴンクローで6~7割のダメージ
H4ガブリアスにドラゴンクローで7~9割のダメージ
H4サザンドラをドラゴンクローで中乱数1発

一般的なガブリアスの型なので説明は不要なほどだと思います。地震・岩雪崩・毒づき・ドラゴンクローのどの攻撃技も入れたいし、守るも入れたいので技スペースがきついです。

4-2.スカーフ型

性格:意地っ張り
特性:鮫肌、砂隠れ
持ち物:こだわりスカーフ
技:地震・岩雪崩・ドラゴンクロー・毒づき
努力値:A252、D4、S252
実数値:183-200-115-×-106-154

与ダメージ(陽気と確定数が変わるものだけ)
H4ウインディをダブルダメージ地震で確定1発
H4カプ・テテフを毒づきで低乱数1発
H252カプ・ブルルを毒づきで確定1発

H4サザンドラをドラゴンクローで確定1発
H4ガブリアスをドラゴンクローで低乱数1発

素早さ努力値は調整しようと思いましたが、スカーフガブリアスミラーやスカーフカプ・テテフの事を考えると準速の方が望ましいと思ったのでぶっぱです。

4-3.砂隠れ回避型

性格:陽気
特性:砂隠れ
持ち物:光の粉
技:地震・岩雪崩・守る・身代わり
努力値:A252、D4、S252
実数値:183-182-115-×-106-169

砂隠れ+光の粉によって、相手の技の命中率が普段の72%になります。命中が100の技に対して、少なくとも2回のうち1回は回避できる確率は約50%になります。(1-0.72×0.72≅0.5)

守るの代わりに身代わりで済みそうな時は身代わりを選択して、相手の技が外れてくれたらラッキーですね。

4-4.メガガブリアス型

性格:意地っ張り
特性:鮫肌→砂の力
持ち物:ガブリアスナイト
技:地震・岩雪崩・流星群・守る
努力値:A252、D4、S252
実数値:183-244-135-126-116-144

与ダメージ(砂の力補正有り)
H4メガメタグロスをダブルダメージ地震で確定1発
H4カプ・テテフをダブルダメージ地震で高乱数1発(砂ダメで確定1発)
H252ギルガルドをダブルダメージ地震で高乱数1発
H4メガボーマンダにダブルダメージ岩雪崩で5~6割のダメージ
H4ペリッパー、ウインディにダブルダメージ岩雪崩で8~9割のダメージ(砂ダメで低乱数1発)
防御特化メガリザードンYをダブルダメージ岩雪崩で確定1発
H4ガブリアス・メガボーマンダを流星群で高乱数1発
H4サザンドラを流星群でちょうど確定1発

耐久調整をしようとしたんですが、攻撃種族値を削ると地震の確定数が変わるポケモンが多かったので攻撃努力値にぶっぱです。そうなると下手にHPに努力値を回すよりは相手の上を取る方が重要なので素早さも極振りとなりました。

特性がやんちゃ・さみしがりなら、ガブリアス・メガボーマンダを流星群で確定1発で落とせるので、耐久よりも火力を優先する場合はやんちゃかさみしがりにしてください。

メガガブリアスが活躍するには追い風と砂嵐が必須なのでお膳立てを頑張らないといけません。

5.終わりに

特殊型も紹介しようと考えていましたが、大地の力よりもZ地震の方が強いため、特殊型は没になりました。メガガブリアスならメガボーマンダと同じ特攻種族値120なので特殊型もいけると思います。どなたか育成してみてください。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする