【単体考察】カプ・ブルル【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はカプ・ブルルの考察です。ぶるるというとなんだか寒そうな名前ですが、氷タイプではありません。カプ・ブルルはポテンシャルはあると思いますが、カプの中で使用率が若干低いですね。その理由を含めて考察していきます。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:草・フェアリー
特性1:グラスメイカー
隠れ特性:テレパシー
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
カプ・ブルル 70 130 115 85 95 75 570

3.考察

3-1.種族値

まず防御面では物理耐久が高く、それには劣るものの特殊耐久も高めです。次に攻撃面では攻撃種族値が130と高火力であることがわかります。最後に素早さは75で中速からやや鈍足気味といったところです。

3-2.タイプ

抜群:炎・氷・飛行・鋼・毒(4倍)
いまひとつ:草・水・電気・地面・格闘・悪
無効:ドラゴン

半減以下が7つもありますが、弱点が5つもあるので使いにくさが目立ちますね。これが使用率が低い原因の1つであることは確かだと思います。とはいえ、使用率上位のカプ・コケコやガブリアスにはそこそこ有利なので使い方次第な気もします。

3-3.特性

グラスメイカー:場に出ると5ターンの間グラスフィールド状態になる。

カプ系の中では最も素早さが低いので対面でのフィールド合戦では負けないのは、カプ・ブルルの良さだと思います。グラスフィールドの効果は地面に接しているポケモンが毎ターン1/16ずつ回復し、地震・マグニチュードで受けるダメージが半減し、草タイプの技の威力が1.5倍になります。これらの効果の中で最も注目すべきは地震のダメージが半減することだと思います。ランドロスガブリアスなど使用率上位の地面タイプのポケモンを弱体化できるので非常に強いですね。しかし同時に相手にも効果があるので、ランドロスやガブリアスをパーティーに入れにくくなるというデメリットもあります。

3-4.技

有用そうな攻撃技:ウッドハンマー、ウッドホーン、自然の怒り、思念の頭突き、メガホーン、馬鹿力、スマートホーン、ストーンエッジ、岩雪崩

有用そうな変化技:宿り木の種、金縛り、耕す、守る

  • じゃれつくは覚えないので注意です。
  • 素早さがすこし足りないので金縛りがやや使いにくいです。
  • 耕すを覚えるのでタガヤシストの方には嬉しいですね。

3-5.持ち物

攻撃面を強化するこだわり鉢巻きやこだわりスカーフ、防御面を強化するグラスシードや食べ残しなど様々な道具が候補として考えられると思います。色々な道具を試してみるとどれが自分に合っているのか確認できるはずです。

4.育成例

4-1.トリパアタッカー型

性格:勇敢
特性:グラスメイカー
持ち物:こだわり鉢巻き
技:ウッドハンマー・ウッドホーン・馬鹿力・岩雪崩
努力値:H252、A252、D4
実数値:177-200-135-×-116-72(最遅)

グラスフィールド状態でウッドハンマーを連打して無理矢理突破するだけです。グラスフィールド鉢巻きウッドハンマーはH252振りクレセリアですら高乱数1発で落ちるトンデモ火力です。ウッドハンマーが効かないメガリザードンYメガボーマンダには岩雪崩、ヒードランには馬鹿力が刺さります。

4-2.耐久型

性格:腕白
特性:グラスメイカー
持ち物:食べ残し
技:ウッドホーン・宿り木の種・自然の怒り・守る
努力値:H252、D252、S4
実数値:177-150-148-×-147-96

両受けできるように防御に性格補正+特防特化です。グラスフィールドによる回復+宿り木の種+食べ残しで圧倒的な回復力を見せます。そのため、場に長く居座ることができ、自然の怒りの試行回数を増やせると思います。

5.終わりに

カプ・ブルルは使用率トップクラスとまでは言えませんが、攻撃も耐久も高水準で行うことが出来る強ポケなので、厳選してパーティーに入れてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする