【単体考察】カプ・テテフ【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はカプ・テテフの考察です。カプ・コケコに引き続きこのポケモンも今更単体考察をする必要は無いかもしれませんが、それでも読んでみようという方はどうぞお読みください。特に目新しい考察(物理型カプ・テテフなど)はしていないのでご了承ください。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:エスパー・フェアリー
特性1:サイコメイカー
隠れ特性:テレパシー
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
カプ・テテフ 70 85 75 130 115 95 570

3.考察

3-1.種族値

防御面では物理耐久は低い一方で特殊耐久は高めです。攻撃面では特攻が高くアタッカーとしての資質が十分です。素早さは95と高めではありますが激戦区の100族に届かないので意外と抜かれることも多いです。

3-2.タイプ

抜群:毒・ゴースト・鋼
いまひとつ:格闘・エスパー
無効:ドラゴン

弱点が3つと少なめであり、毒やゴーストはそれほどメジャーなタイプでは無く威力が100以上の高威力の技もほとんど無いので1発で倒されることは少ないです。半減以下も3つと少ないですが、役割対象の格闘タイプやドラゴンタイプの攻撃を半減するので役割を遂行する上では困らないと思います。

3-3.特性

サイコメイカー:場に出ると5ターンの間サイコフィールド状態にする。

サイコフィールドの効果は、地面に接しているポケモンのエスパータイプの技の威力1.5倍と先制技の無効化です。カプ・テテフの特攻種族値がもともと130もあるのに更にエスパー技の威力を上げるので超火力ですね。先制技が効かないので残りHPが少なくなっても素早さで勝っていればいいので技の打ち合いにも強いです。フィールドの効果は相手側にも与えられるというデメリットはありますが、エスパータイプの技を撃つポケモンはほとんどいないので割と一方的なメリットであり、先制技無効に関しては差し引き0なので、カプ・テテフ使用側が有利ですね。

3-4.技

有用そうな攻撃技:サイコショック、サイコキネシス、自然の怒り、ムーンフォース、マジカルシャイン、10万ボルト、シャドーボール、気合い玉、エナジーボール、草むすび

有用そうな変化技:くすぐる、おだてる、自己暗示、挑発、守る

  • サブウェポンは10万ボルトやシャドーボールが一般的です。
  • サイコキネシスとサイコショックはサイコキネシスの方が多いです。
  • ムーンフォースとマジカルシャインの同時採用もありかもしれません。

3-5.持ち物

こだわりスカーフ、エスパーZ、こだわり眼鏡、命の玉あたりが一般的な持ち物ですが、気合いのタスキや突撃チョッキなども有りですね。突撃チョッキと比較して、サイコシードを持たせると守るを入れられるというメリットがある一方で、交代すると効果が消えてしまうとか持ち物がばれるデメリットがあります。

4.育成例

4-1.CSアタッカー型

性格:控えめ
特性:サイコメイカー
持ち物:こだわりスカーフ、エスパーZなど
確定技:サイコキネシス・ムーンフォース
選択技:マジカルシャイン・10万ボルト・シャドーボール・守る
努力値:H4、C252、S252
実数値:146-×-95-200-135-147

超基本的なカプ・テテフの型です。普通に強いです。

4-2.耐久型

性格:穏やか
特性:サイコメイカー
持ち物:サイコシード
技:サイコキネシス・ムーンフォース・10万ボルト・守る
努力値:H252、C252、S4
実数値:177-×-95-182-148(222)-116

サイコシードのお陰で特殊耐久がかなり高いので特殊アタッカーとの技の打ち合いではまず負けないと思います。しかし回復手段が無いのが惜しいですね。

5.終わりに

カプ・テテフはダブルバトルでは多くの構築に入れられているポケモンなので、まだの人は厳選にチャレンジしてみるといいと思います。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする