【単体考察】マッシブーン【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はマッシブーンの考察です。マッシブーンはカイリキーの筋肉友達(ライバル?)であり、対戦でも使用率が高いポケモンです。僕もマッシブーンの人懐っこさが好きです。以上、解説?を終わりまして、考察を始めます。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:虫・格闘
特性1:ビーストブースト
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
マッシブーン 107 139 139 53 53 79 570

3.考察

3-1.種族値

HP・攻撃・防御が高く、物理面では最強クラスのポケモンと言っても過言ではないです。しかし、特攻・特防が壊滅的に低く、特殊攻撃を受ければ簡単に倒されてしまいます。また、素早さは79と中途半端な数値であり、素早さに努力値をどこまで割くのか悩ましいですね。素早さのラインとしては、無振り80族抜きや最速70族抜きなどが考えられると思います。

3-2.タイプ

抜群:炎・エスパー・フェアリー・飛行(4倍)
いまひとつ:草・格闘・地面・虫・悪

マッシブーンはヘラクロス以来の虫・格闘複合タイプのポケモンです。同じウルトラビーストのフェローチェも同タイプのポケモンです。タイプ相性は上にある通り、弱点は4つで半減は5つです。弱点の数が多めなので使いにくさも有りますが、一方で物理が多い格闘・地面タイプを半減出来るので高物理耐久とマッチしている点が高く評価できます。

3-3.特性

ビーストブースト:相手を倒すと自身の一番高い能力のランクが1段階上がる。

ビーストブーストはウルトラビーストの共通特性です。マッシブーンの場合は攻撃・防御が高いので、努力値に応じてどちらかの能力が上がることになるでしょう。基本的には攻撃が上昇する方が強いと思うので、攻撃>防御となるように調整すると良いです。

3-4.技

有用そうな攻撃技:とどめ針、飛びかかる、吸血、アームハンマー、馬鹿力、気合いパンチ、雷パンチ、冷凍パンチ、地震、岩雪崩、毒づき

有用そうな変化技:羽休め、ビルドアップ、挑発、守る

気合いパンチは格闘Zを持たせない限りはネタ止まりです。そのため、格闘タイプの技はアームハンマーと馬鹿力のどちらかを選択することになりますが、基本的には馬鹿力で良いと思います。馬鹿力は命中安定でアームハンマーよりも高威力であり、攻撃ランク・防御ランクの低下に関しても片方はビーストブーストで打ち消せるからです。最遅でトリックルーム下で運用するならアームハンマーの方が強いですが、それ以外なら馬鹿力だと思います。

虫タイプの技は飛びかかると吸血のどちらを採用するのか非常に悩ましいです。個人的には、相手の攻撃を下げることで味方へのプラスにもなるので飛びかかるの方が好みですが、各人の判断でどちらでも良いと思います。しかし、飛びかかるを採用する場合は負けん気や勝ち気に気をつけないといけません。ちなみにPGLの統計では飛びかかる派よりも吸血派の方が多いです。

3-5.持ち物

火力を上げる命の玉や格闘Z、物理アタッカーとの撃ち合いに強くなるゴツゴツメット、特殊アタッカ-に強くなれる突撃チョッキ、中途半端な素早さを補強するこだわりスカーフなどが考えられます。

4.育成例

4-1.アタッカー型

性格:意地っ張り
特性:ビーストブースト
持ち物:格闘Z
技:馬鹿力・飛びかかる(吸血)・冷凍パンチ・守る
努力値:A252、D52、S204
実数値:182-210-159-×-80-125

格闘Zを持たせてZ馬鹿力を撃つことで、馬鹿力の能力ダウンを1回だけ回避できるし、何よりも威力が高いのでビーストブーストが発動する可能性が高いです。

威嚇を受けていても、冷凍パンチで耐久無振りのランドロスを低乱数1発で落とせます。もし確定で落としたいなら、命の玉を持たせてください。

努力値に関しては、A252・Sは最速バンギラス抜き・残りの努力値をDに振っただけです。もっと良い振り方が沢山あると思うので鵜呑みにせず頑張って欲しいです。

4-2.物理受け型

性格:腕白
特性:ビーストブースト
持ち物:ゴツゴツメット
技:飛びかかる・羽休め・冷凍パンチ・守る
努力値:H252、A4、B252
実数値:214-160-210-×-73-99

物理耐久は非常に高いので問題無いですが、特殊耐久には難があるので攻撃を受ける前に倒しておく必要があります。高物理耐久+飛びかかるにより、多くの物理アタッカーに対して羽休めの回復が追いつくと思います。

5.終わりに

マッシブーンは物理技の撃ち合いならまず負けることの無いポケモンだと思います。この記事を読んでマッシブーンの強さに惹かれた人は是非パーティーに入れてみてください。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする