【単体考察】ペルシアン(アローラのすがた)【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!アローラのすがたの考察第5弾は、ペルシアン(アローラのすがた)です。サンムーンの発売前情報で初めて公開されたとき、顔がまんまるだと話題を呼びましたね。確かに、衝撃的な変貌を遂げた気がします。残念ながら、バトルにおいては飛躍的に強くなったわけでもないので、活路を見いだせるように考察を始めます。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:悪
特性1:ファーコート
特性2:テクニシャン
隠れ特性:びびり
 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
ペルシアン(アローラのすがた) 65 60 60 75 65 115 440
ペルシアン(通常) 65 70 60 65 65 115 440
レパルダス 64 88 50 88 50 106 446

3.考察

3-1.種族値

火力・耐久共に低い水準ですが、素早さは115と高いです。ペルシアン(通常)より、攻撃種族値が10低く、特攻種族値が10高いです。これによって、ペルシアン(アローラのすがた)は、特殊攻撃寄りのポケモンだと言えますが、特攻種族値も75と決して高い数値であるとは言えません。レパルダスと比較すると、火力では劣りますが、耐久・素早さでは勝っていますね。種族値には恵まれていないので、特性や技に活路を見出していきましょう。

3-2.タイプ

タイプは悪単体なので、ラッタ(アローラのすがた)のように元々のノーマルタイプに悪タイプが追加された訳ではないので注意です。タイプが完全に変わってしまったので、ペルシアン(通常)との差別化はあまり考えなくとも良さそうです。一応、悪タイプのタイプ相性を確認しておきましょう。

抜群(2倍):格闘・虫・フェアリー
いまひとつ(1/2倍):ゴースト・悪・
無効(0倍):エスパー

単タイプなので、弱点のタイプも少ないですが、耐性の数も少ないです。環境に多いフェアリーや格闘が弱点なのは痛手ですが、同じく環境に多いエスパーを無効化できるのは大きな利点だといえます。ネコなのに虫タイプに弱いのは不思議ですね。温室育ちのネコだからでしょうか?

3-3.特性

ペルシアン(通常)の特性は、じゅうなん・テクニシャン・きんちょうかんですが、ペルシアン(アローラのすがた)の特性は、ファーコート・テクニシャン・びびりです。やはり、ペルシアン(アローラのすがた)は、虫をびびっているようです。温室育ちの所以か、太ってしまいファーコートを手に入れたのは朗報です。太っても、ネコだから器用なのでテクニシャンであることに変わりは無いようです。いつも通り、特性の効果を確認しておきます。

ファーコート:物理攻撃の受けるダメージを半減する
テクニシャン:威力60以下の技の威力を1.5倍にする
びびり:ゴースト・悪・虫タイプの技を受けると、素早さが1段階上がる

やはり、この3つの中から特性を選ぶとしたらファーコートだと思います。テクニシャンは強力な特性ですが、攻撃・特攻種族値が低いので、テクニシャンでテコ入れしたところで大して変わらないと思います。威力60の技を1.5倍したところで90にしかならないんですよね、、。びびりに関しては、もともとペルシアン(アローラのすがた)の素早さは高いのであまり素早さを上げるメリットは小さいです。というか、発動が受動的なので扱いにくいです。また、ゴースト・悪タイプは半減なので受けることはできますが、虫タイプは抜群なので発動機会が更に狭まっています。このような点と、ペルシアン(通常)と差別化するという意味でも特性は基本的にファーコートでしょう。

3-4.技

有用そうな物理攻撃技:ねこだまし、イカサマ、ダメおし、つじぎり、とんぼがえり、フェイント、じゃれつく、かみつくどろぼう(太字はテクニシャン適用技)

有用そうな特殊攻撃技:パワージェム、あくのはどう、バークアウト、10まんボルト、シャドーボール、ゆめくい

有用そうな変化技:さいみんじゅつ、ドわすれ、よこどり、ねこのて、あまえる、さきおくり、すりかえ、ちょうはつ、わるだくみ、ゆうわく、いばる、ほえる

攻撃<特攻ですが、物理攻撃技も豊富なので物理型もアリですね。物理型の場合は、ダメおしやじゃれつくが強力ですね。特殊型の場合は、主力技のあくのはどうは言うまでもなく、覚えるポケモンが少なく岩タイプとしても珍しい特殊技のパワージェムを採用していきたいですね。

変化技では、さきおくりやねこのてなど一風変わった面白い技を覚えるので研究する価値がありそうです。特性がきんちょうかんではないため、ペルシアン(通常)ほどではないにしろ、さいみんじゅつは強力な技なので十分候補に挙がると思います。運ゲーではありますが、催眠は強いです。なお重力と組み合わせれば、必中になるので安定した強さになります。いばるは弱体化しましたが、イカサマとのコンボではまだまだ使えると思います。

4.育成例

4-1.いばサマ型

性格:陽気
特性:ファーコート
持ち物:きあいのタスキ、オボンの実など
技:フェイント・ねこだまし・イカサマ・いばる
努力値:H252、A4、S252
実数値:172-81-80-×-85-183

H:ぶっぱ
A:イカサマで陽気H4振りメガメタグロスを確2(80.7%~96.1%) ()内はダメージ割合
イカサマで意地っ張りH252振りガラガラ(アローラのすがた)を確2(71.8%~86.2%)
イカサマで意地っ張りH252振りミミッキュ確2(51.8%~61.7%)
B:陽気ガブリアスのダブルダメージ地震超低乱数3発
意地っ張りカプ・ブルルのばかぢから確2(66.2%~79%)
意地っ張りミミッキュの命の珠じゃれつく確2(77.3%~90.6%)
陽気A+2メガメタグロスのコメットパンチ68.8%で乱1(94.1%~111.6%)
陽気マッシブーンのばかぢから68.8%で乱1(95.3%~112.7%)
せっかちフェローチェのとびひざげり確1(101.1%~119.7%)
D:臆病カプ・コケコのエレキフィールド命の珠10まんボルトで確1(100%~118%)
冷静コータスのダブルダメージ木炭晴れ噴火で確1(117.4%~138.3%)
S:最速

1ターン目に、ねこだましの警戒でまもるを選択させ、フェイントでまもるを解除するのが仕事です。2ターン目以降は、いばる・イカサマで妨害&攻撃します。いばる1回+イカサマか、味方の攻撃+イカサマでメガメタグロスやガラガラ(アローラのすがた)を処理できます。混乱の自傷率低下&いばるの命中率低下によって、いばる・イカサマ戦法は向かい風を受けていますが、攻撃の低いペルシアン(アローラのすがた)にとってはまだまだ一線級のコンボだと思います。防御面に関しては、特性ファーコートのお陰で抜群の技を受けても物理攻撃なら耐える可能性があるので、ファーコートは超強力特性だといえます。

4-2.能力低下型

性格:臆病
特性:ファーコート
持ち物:きあいのタスキ、オボンの実、たべのこしなど
技:バークアウト、あまえる、イカサマ、ねこだまし
努力値:H252、C4、S252
実数値:172-72-80-96-85-183

H:252振り
A:ダメージ計算はいばサマ型参照
B:ダメージ計算はいばサマ型参照
C:ダブルダメージバークアウトでH4振りメガメタグロスに(20.5%~26.9%)のダメージ
ダブルダメージバークアウトでH252振りガラガラ(アローラのすがた)に(28.7%~33.5%)のダメージ
D:ダメージ計算はいばサマ型参照
S:最速

バークアウトとあまえるで相手の火力を削ぐ型です。バークアウト・おにび搭載いかくウインディと比較すると、あまえるの重ね掛け・素早さの高さ・ねこだましなどがペルシアン(アローラのすがた)の利点と言えます。あまえるとイカサマはアンチシナジーですが、メタグロスやガラガラ(アローラのすがた)など、イカサマを打ちたい相手は一定数いるので採用に至りました。運要素も絡みますが、バークアウトではなくゆうわくもアリかなという気がします。

4-3.催眠術型

性格:陽気
特性:ファーコート
持ち物:きあいのタスキ
技:ねこだまし、さいみんじゅつ、いばる、イカサマ
努力値:H252、A4、S252
実数値:172-81-80-×-85-183

ダメージ計算等はいばサマ型を参照
先発で、ハピナスやダイノーズなど、じゅうりょくを覚えたポケモンと共に出します。(過去作ポケモンも有りなら、いたずらごころのヤミラミがいるとベストです。)初手は、ねこだまし+じゅうりょくで、2ターン目以降は必中さいみんじゅつを連打し、相方のポケモンは攻めるなり積むなりします。相方がハピナスの場合は、ちいさくなるを積みまくります。相方がダイノーズなら、特性がんじょうでほぼ確実にじゅうりょくを出せますし、ボルトチェンジで控えと交代できます。控えには、たたりめゲンガーやLv1ココドラやはらだいこ持ちのポケモンがいるとよいです。
単体考察というよりも、パーティー単位での考察になってしまいましたが、さいみんじゅつを最もうまく使う方法はじゅうりょくとのコンボだと思うので、ペルシアン(アローラのすがた)を活躍させるためには、じゅうりょくパを組みましょう

5.終わりに

高速ポケモンは、大抵のところ低火力・低耐久という宿命がありますが、ペルシアン(アローラのすがた)は、イカサマとファーコートによって、その前提を覆した強ポケではないでしょうか?(僕の錯覚ではないと信じたい。)この記事の最初にペルシアン(アローラのすがた)は強くないと言いましたが、それは間違いでした。(タブンネ。)最後に、ペルシアン(アローラのすがた)の統計がPGLに載ることを祈っております。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする