【単体考察】フーディン【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

今回はフーディンの考察です。フーディンの体の色が黄色いのは、大好物のカレーを週6で食べているからであり、またスプーンを両手に持っているのは、カレーを高速で食べるためです(大嘘。)

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:エスパー
特性1:シンクロ
特性2:精神力
隠れ特性:マジックガード
メガ特性:トレース
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
フーディン 55 50 45 135 95 120 500
メガフーディン 55 50 65 175 105 150 600

3.考察

3-1.種族値

フーディンは物理方面はゴミですが、一方で特殊方面は非常に優れていますね。物理攻撃を受けたらほぼ一発で倒されてしまうはずなので、出来るだけ物理ポケモンを先に処理する立ち回りを心がけたいです。素早さに関しては超高速なので相手の先手を取って、高火力の特殊攻撃技で沈めるのも楽々できそうです。

メガフーディンは元々強力だった特殊方面・素早さが更に強化されて、特攻と素早さはインフレお化けになっています。しかし、物理方面はあまり強化されておらず、防御も依然として低いままです。下手に防御を上げるよりは、特攻を上げることで「攻撃は最大の防御」を実現しているので、そう悪くはないと思います。

第6世代ではなぜかフーディンがメガ進化しても種族値が90しか上昇しないという扱いを受けていましたが、第7世代ではメガ進化後に特防種族値が10上昇するようになり、きちんと100だけ上昇するようになったようです。

3-2.タイプ

抜群:虫・ゴースト・悪
いまひとつ:格闘・エスパー

フーディンはエスパー単タイプです。タイプ相性に関しては、弱点は3タイプと少なくて良いんですが、半減がまさかの2タイプだけで悲しいです。もし仮に半減タイプが沢山あれば、物理攻撃を受けても生存する可能性が多くありましたが、残念ながらこのタイプ相性だと物理攻撃を受けたらまず瀕死になってしまいますね。

3-3.特性

シンクロ:毒・麻痺・火傷状態になったとき、相手も同じ状態異常にする。
精神力:怯まない。
マジックガード:天候・反動・スリップダメージ等の間接ダメージを受けない。
トレース:相手と同じ特性になる。2体のどちらと同じになるかはランダム。

シンクロは効果が面白い特性ですが、眠りには効果がないのが残念ですね。もし眠りに対しても効果が有るなら、キノコの胞子や眠り粉の対策に使えただけに惜しいです。なお、火炎玉やどくどく玉で状態異常になった場合にはシンクロは発動しないようなので、シンクロを能動的に発動させるのは難しいです。

精神力は効果が地味ですが、ダブルバトルの超メジャー技の猫だましや岩雪崩に対して臆することが無くなる点が魅力的です。ただし、幸か不幸かフーディンは素早さが高いので、元々怯みには耐性があります。猫だましは素早さが高くても防げませんが、サイコフィールドやファストガードがあれば対処可能なので、精神力の需要はあまり無いかもしれません。

マジックガードは天候ダメージなどの間接的なダメージを防げるので、気合いのタスキを潰されない点が優秀ですね。また、命の玉の反動ダメージを受けないため、力ずくの上位互換みたいな感じでデメリット無しで命の玉を扱うことができます。

トレースはダブルバトルの場合は相手の2体のどちらと同じ特性になるか分からない運ゲーですが、威嚇・親子愛・すいすいなどをコピーできると非常においしいですね。時には全く使えない特性をコピーすることもあるでしょうが、状況次第では一発逆転を狙えるギャンブル特性なので、運に自信がある人にとっては強力な特性だと言えます。

フーディンがどの特性を採用すべきかについては、メガ特性のトレースを除いて考えると、マジックガード>精神力>シンクロでしょう。

3-4.技

有用そうな攻撃技:サイコキネシス、サイコショック、未来予知、シャドーボール、気合い玉、エナジーボール、草結び、マジカルシャイン、イカサマ

有用そうな変化技:金縛り、アンコール、ミラクルアイ、自己再生、リフレクター、光の壁、サイドチェンジ、トリック、瞑想、バリアー、挑発、電磁波、自己暗示、トリックルーム、スキルスワップ、サイコシフト、パワートリック、ガードシェア、なりきり重力ワンダールームマジックルーム

赤字は教え技のため習得の際は注意してください。

フーディンは有用そうな攻撃技の種類が少なくて残念ですが、変化技のレパートリーが豊富なのが良いですね。アンコールや金縛りなどの定番から、サイドチェンジやパワートリックなどの変わった技まであります。ただし、フーディンがパワートリックをしたところでほとんど変わらないので(攻撃種族値50、防御種族値45なので)、パワートリックはワンダールームをしていない限り無意味な行為で終わりそうです。

3-5.持ち物

低物理耐久を気にするのであれば、気合いのタスキを持たせるとほぼ一回の行動は保証されるでしょう。やられる前にやるスタンスであれば、命の玉やエスパーZなどの火力アップの道具が良いです。特に命の玉は特性がマジックガードであれば、反動ダメージを無くせるため、フーディンと相性が良いです。他にはメガ進化させるならフーディナイトを持たせるのも有りですね。

4.育成例

4-1.脳筋型

性格:控えめ
特性:マジックガード
持ち物:エスパーZ
技:未来予知・サイコキネシス・アンコール・守る
努力値:H4、C252、S252
実数値:131-×-65-205-115-172

H4メガガルーラをZ未来予知で確定1発で落とすことができます。強い。ただし、性格が臆病だと中乱数になってしまうので、性格は控え目です。エスパータイプの技しか覚えていないせいで悪タイプのポケモンの前には無力です。

なお、手助け(サイコフィールド)+こだわり眼鏡+サイコキネシスでもH4メガガルーラを確定1発で沈めることが出来ます。(性格が臆病の場合は高乱数です。)こちらは条件を整えるのがやや面倒なものの、連発出来るのが強みですね。

フーディンに弱点保険を持たせて、味方にヤタピの実を投げつけてもらい、特攻ランクを3段階上げれば、性格が臆病の場合も同条件のメガガルーラを確定1発で落とせます。

4-2.まさかの物理受け型

性格:図太い
特性:マジックガード
持ち物:アッキの実
技:ガードシェア・バリアー・自己再生・サイコキネシス
努力値:H252、B4、S252
実数値:162-×-72-155-115-172

フーディンの弱点とは何なのでしょうか?そうです、物理耐久が低いことです。ということは、それさえ改善できれば最強ですね。以下、フーディンの弱点である物理耐久を改善する方法です。

味方のツボツボとかにガードシェアして基礎物理耐久を上げます。(ついでに特殊耐久も上がります。また、ツボツボもガードシェアを覚えます。)更にバリアーとアッキの実で防御ランクを上げることで、本来のフーディンからは考えられないような堅さになりますね!。リフレクターもあると更に心強いですが、残念ながら技スペが足りないです。

ガードシェアは相手のポケモンに対して放てば、フーディン自身の耐久底上げだけでなく、相手の物理耐久を大きくそぎ落とすことが出来るので一石二鳥な技となります。

結論:普通のフーディンの方が強い。

4-3.メガ進化型

性格:臆病
特性:トレース
持ち物:フーディナイト
技:サイコキネシス・目覚めるパワー氷・アンコール・守る
努力値:H4、C252、S252
通常実数値:131-×-65-187-115-189
メガ実数値:131-×-85-227-125-222

ここに来て普通のメガフーディンです。技候補は多いので、気合い玉とかエナジーボールとか金縛りとかを採用しても良いでしょう。

準速スカーフ霊獣ランドロスの上からめざ氷を撃てるのが強そうです。

5.終わりに

フーディンは、持ち前の素早さ・特攻の高さで、相手に何もさせずに瀕死に追い込むのに長けたポケモンです。フーディンが使われることは少ないですが、決して弱いポケモンでは無いので、機会があれば育成してみてください。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする