【単体考察】カイリキー【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

今回はカイリキーの考察です。個人的な意見では、カイリキーは海外では対戦での人気が高く、日本ではネットでの人気が高いポケモンな気がします。僕個人としても、カイリキーのマッチョ感は好きです。

初代vc解禁前にはノーガード地割れカイリキー爆誕来るか?と話題になりましたが、結局のところは夢特性の地割れカイリキーしか手に入らないようです。ゲームバランス的に当然といえば当然ですね。ただし、ウルトラサンムーンの教え技でなりきりがあれば、一応ノーガード地割れカイリキーを誕生させることは可能です。

2.基本データ

タイプ:
特性1:根性
特性2:ノーガード
隠れ特性:不屈の心
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
カイリキー 90 130 80 65 85 55 505

3.考察

3-1.種族値

HP・防御・特防が3拍子揃って高水準であるため、物理・特殊ともに受けには自信があるポケモンだと思います。見た目的には物理耐久が高そうですが、なぜか物理耐久よりも特殊耐久のほうが高いようです。まあ、高い分には問題が無いので別にいいですが..。

攻撃面では、攻撃種族値が130と非常に高くてとても優秀ですね。鈍足格闘単タイプのポケモンの中で比較してみると、攻撃種族値はローブシン(140)には劣りますが、ハリテヤマ(120)などには勝っています。

素早さは今触れたとおり鈍足です。とはいえ、鈍足の中では中間からやや早い部類に入ると思うので、素早さに努力値を振れば抜ける相手は沢山います。最遅でトリックルームもいいし、最速スカーフでもいいでしょう。

3-2.タイプ

抜群:エスパー・飛行・フェアリー
いまひとつ:虫・岩・悪

カイリキーは見た目からすぐ分かる通り、格闘単タイプです。タイプ相性では、弱点が4タイプで若干多め、半減が3タイプと少なく、防御側のタイプ相性はあまり良くないですね。ただし格闘タイプは、物理アタッカーのポケモンに格闘タイプの技が多く採用されていること然り、攻撃側のタイプとしては優秀です。カイリキーが先手を取って攻撃できる状況を作れると、格闘タイプの良さを引き出せそうです。(当たり前理論。)

3-3.特性

根性:状態以上の時、攻撃が1.5倍になる。火傷状態のとき攻撃が半減しない。
ノーガード:お互いに技が命中率・回避率に関係なく必中になる。
不屈の心:相手の技で怯むと素早さランクが1段階上昇する。

カイリキーの特性といえば、やはりノーガードでしょう。確かに根性の超火力も魅力的ではありますが、特性が根性の格闘タイプのポケモンは多く、強いてカイリキーである必要は無い感じがあります。ノーガード+爆裂パンチは非常に強力で、カイリキーの十八番ともいえるコンボなので、僕はノーガードを推奨します。不屈の心に関しては、意表は突けるでしょうが、意表を突いただけで終わりそうな特性だと思います。

3-4.技

有用そうな攻撃技:けたぐり、クロスチョップ、インファイト、爆裂パンチ、馬鹿力、はたきおとす、炎のパンチ、冷凍パンチ、雷パンチ、カウンター、バレットパンチ、ヘビーボンバー、地震、岩雪崩、毒づき

有用そうな変化技:ワイドガード、ファストガード、ビルドアップ、アンコール、くすぐる、パワートリック、手助け、守る

赤字は教え技です。覚えさせるときは注意。

カイリキーは高威力の格闘タイプの技を多く覚えるようです。クロスチョップ、インファイト、爆裂パンチ、馬鹿力はどれも威力100以上の格闘技であり、格闘マスターな感じがします。(アームハンマーを覚えないのが残念です。)これらの技の中でどれを選択すればよいか悩みますが、特性がノーガードであれば爆裂パンチ・それ以外の特性ならインファイトでしょうか。クロスチョップは命中が不安定で心臓に悪く(特性がノーガードであれば技候補に挙がります。)、馬鹿力は攻撃ランクが低下してしまい連発できないのが痛いです。

カイリキーは攻撃技だけでなく変化技も優秀ですね。まず、ワイドガードとファストガードの両壁を同時に覚えることができる点がアイデンティティーの一つです。加えて、素早さが低くて使いにくいという難点はあるものの、ダブルバトルで真価を発揮するアンコールを習得することができます。また、くすぐるとかいうカイリキーのヴィジュアル的に恐ろしい技も覚えます。筋肉ムキムキの4本腕でくすぐられるとか地獄ですね...。(性別がメスのポケモンだったら嬉しいんでしょうか?)

3-5.持ち物

カイリキーの持ち物は、スカーフ型なら当然のことながらこだわりスカーフ、普通のアタッカー型なら達人の帯や命の玉や格闘Zなど火力アップ系の道具、ファストガード・ワイドガードのサポート中心ならオボンの実とかになるでしょうか。

4.育成例

4-1.ノーガード型

性格:意地っ張り
特性:
持ち物:命の玉、オボンの実、こだわりスカーフなど
確定技:爆裂パンチ
選択技:ストーンエッジ・冷凍パンチ・はたきおとす・毒づき・バレットパンチ・ファストガード・ワイドガード・守るなど
努力値:H116、A252、S140
実数値:180-200-100-×-105-93

努力値振りはかなりテキトーです。攻撃ぶっぱ、素早さは4振り70族抜き抜き、余りをHPに回しています。もっといい配分がたくさんありそうですが、特に思いつかなかったのでシンプルに振りました。

火力の目安としては、H4メガガルーラを爆裂パンチで確定1発、H4ガブリアスを冷凍パンチで確定1発、持ち物ありH252ギルガルドにはたきおとすで5~6割のダメージ、H4カプ・テテフを毒づきで低乱数1発といったところです。

持ち物がこだわりスカーフなら上記の内容は無視してもらって、性格は陽気で努力値はAS振り推奨です。意地っ張りだとスカーフを巻いてもろくに抜けるポケモンがいないので最速にしましょう。爆裂パンチを連打してるだけでも強いです。

4-2.根性型

性格:陽気
特性:根性
持ち物:火炎玉
技:インファイト・はたきおとす・冷凍パンチ・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:166-182-100-×-105-117

カイリキーの特性はノーガードが多いので、普通に鬼火とか状態異常技を打たれることもあります。そんな時には火炎玉を持たせなくても無双できるかもしれませんが、どうせだったら能動的に状態以上になるほうが安定するので持ち物は火炎玉です。高火力の攻撃技でガンガン攻撃したいので、ワイドガードとかアンコールは今回はお預けです。カイリキーの火炎玉が発動するとヘイトを集めるので、耐久寄りの努力値にしても集中で倒されてしまう可能性が高く、素早さ重視のAS振りとなっています。

火力の目安としては、H4ガブリアスを根性有りインファイトで低乱数1発・根性無し冷凍パンチで高乱数1発、持ち物有りH252クレセリアに根性ありはたきおとすで6~7割のダメージといったところです。

5.終わりに

カイリキーは単体のアタッカーとしてだけでなく、ノーガード一撃必殺パーティーのコンボ要員としても使えるポケモンなので、育成しておいて損は無いでしょう。ボックスの肥やしになるかもしれませんが、遺伝経路としての価値もあるのではないでしょうか?(笑)
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする