【ポケモンUSUM】ツンデツンデ厳選方法

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

今回は寂しがり最遅ツンデツンデの厳選方法を考えたので、それを紹介させて頂きます。

既に同じような方法を考案されている方もいるかもしれませんが、僕が自分で考えたものです。起源を主張します。

寂しがり最遅ツンデツンデの厳選でお困りの方も多いと思うので、この記事が助けになれば幸いです。

*あまり役に立たないので、期待しないでください。机上論です。

スポンサーリンク

2.前提

今回、我々が狙うのは、寂しがり+防御個体値17+素早さ個体値0のツンデツンデです。HP・攻撃・特防の個体値に関しては、王冠を使えば何とでもなるので、これらのステータスに関しては不問とします。

3.用意するポケモン

3-1.Lv60・性格が寂しがり・特性がシンクロのポケモン

Lv:60
性格:寂しがり
特性:シンクロ

シンクロで寂しがりが遺伝するように、パーティーの先頭に瀕死状態でセットします。

僕の場合はケーシィを用意しました。

3-2.素早さ実数値が21で、「投げつける」を覚えるポケモン

持ち物:イアの実
技:投げつける
素早さ実数値:21

寂しがり最遅ツンデツンデの素早さ実数値が20なので、素早さ実数値を21に調整することで、行動順からツンデツンデの素早さ個体値を0~2に絞り込むことができます。

3-3.パワーシェアとガードシェアを覚えるポケモン(おすすめはオーベム)

技:パワーシェア・ガードシェア・何か
実数値:×ー(B+44)ーBー(B+155)ー(B+95)ー×

*Bは防御の実数値を表します。但し、Bは偶数

例1)ウツロイド
Lv72
性格:やんちゃ
努力値:A152、B28、C252、D8
実数値:×-144-100-255-195-×
(A・B・C・DはV)

例2)オーベム
Lv85
性格:おっとり
推奨持ち物:満腹お香
推奨技:ガードスワップ
努力値:A128、C124、D208
実数値:×-186-142-297-237-×
(A・B・C・DはV)

例3)フーパ(戒められし姿)
Lv61
性格:控えめ
努力値:B8、C152、D72
実数値:×-142-98-253-193-×
(A・B・C・DはV)

*ウツロイド・オーベム・フーパくらいしか条件を満たすポケモンがいません(笑)

<2017年12月13日追記>
パワーシェア・ガードシェアを覚えるポケモンのステータス調整と、例を若干修正しました。以前の数値でも間違いではありませんが、修正後の方が厳選の精度が高いです。

パワーシェア・ガードシェアを行うポケモンの実数値を上記のように調整すると、ツンデツンデのステータスは以下のようになります。

個体値で表したもの。
B(31・30)>…>A(31・30)B(22~18)C(31)B(17~15)>B(14~12)=D(31~28)>B(11)
*()内は各ステータスの個体値を表します。

実数値で表したもの。
1/2{248+B>…>198+[B+44]=243(242)+B=87+[B+155]>241(240)+B>239(238)+B=144(143)+[B+95]>237+B}
*Bはパワーシェア・ガードシェアを覚えるポケモンの防御実数値で、偶数の値です。

寂しがりツンデ*2 HP 攻撃(V) 防御(17) 特攻(V) 特防(V) 素早さ シェア
実数値 161  198

1/2(242+B)

 241

1/2(241+B)

 87

1/2(242+B)

 144

1/2(239+B)

 20 (前)

(後)

数式なんて知らんっ!結論だけ知りたいっ!という人に簡単に説明すると、上記のようにステータスを調整するとツンデツンデの防御個体値が23以上の場合はビーストブーストで防御ランクが上がり、17以下の場合には他の能力ランクが上がるようになる…はず。(防御個体値が22~18かつ攻撃個体値がV・Uでない場合も防御ランクが上がります。)したがって、防御ランクが上がったらリセットしてください。また、その後、ダウンロードで攻撃ランクが上がったらリセットしてください。

さらに、特防個体値がVの場合には、その後のダウンロードの判定で特攻ランクが上がったとき、ツンデツンデの防御個体値は12~22であることが確定する…はず。厳密に言えば、ビーストブーストとダウンロードで特攻ランクが上がったとき、防御個体値は12~17であるはずです。

<2018年1月11日追記>
ダウンロードは能力ランクの変化の影響を受けるため、戦闘開始時のオーラとビーストブーストによる防御ランクの上昇によって、確実に特攻ランクが上昇してしまいます。そのため、ダウンロードによる判定のためには、事前にツンデツンデの防御ランクの変化をリセットする必要があります。具体的には、ガードスワップや黒い霧などを用いると良いでしょう。オーベムは、ガードスワップ・ガードシェア・パワーシェアを両立出来る神ポケです。

ここから先は、なぜ上のような結論に至るのかを長々と書いていくので、読みたくない人はすっ飛ばしてください。

まず、ツンデツンデの性格が寂しがりであると仮定します。

第一に、パワーシェア・ガードシェアの後、ビーストブーストで防御ランクが上がったと仮定します。このとき、防御個体値は31~18なので理想個体じゃありません。リセット。

第二に、ビーストブーストで攻撃ランクが上がったと仮定します。更に、攻撃個体値がVでもUでもないと仮定すると、防御・特攻個体値の少なくとも一方がVなら、攻撃ではなく、防御または特攻ランクが上昇するはずだから、攻撃・防御・特攻・素早さ(素早さは先に調査済み)の個体値の全てがVではないことになります。これは、ツンデツンデのステータスのうち少なくとも3つがVであることに矛盾します。したがって、攻撃ランクが上昇すれば、攻撃個体値はVかUです。残念ながら、攻撃個体値Uをはじく方法は今のところ考案できていないので、捕まえてから確認するしかないです。実際には攻撃個体値がUの場合であっても、攻撃ランクが上昇すれば、攻撃個体値はVであるとみなして議論を進ませて頂きます。

このとき、防御個体値はVではないので、ビーストブーストで攻撃ランクが上がれば、HP・特攻・特防のうち少なくとも2つがVであることになります。特防個体値がVである確率はおよそ68%くらいであるため、ダウンロードで特攻ランクが上がったとき(B>Dのとき)、3回のうち2回くらいは防御個体値が理想に近い(B12~22)ということになります。(条件付き確率ですね。)特防個体値がVでないなら、ダウンロードで特攻ランクが上がっても、例えば防御個体値5・特防個体値0とかの場合も考えられます。(このとき、H・A・CがV。)いずれにせよ、ダウンロードで攻撃ランクが上がる場合はリセットしてください。

第三に、ビーストブーストで特攻ランクが上がったと仮定します。攻撃・防御個体値の少なくとも一方がVであれば、特攻ランクは上昇しないので(攻撃=特攻なら攻撃ランクが上昇します)、攻撃・防御個体値はいずれもVではありません。また、素早さ個体値もVではない(先に調査済み)ので、ツンデツンデのステータスのうち少なくとも3つがVであることから、HP・特攻・特防個体値はすべてVです。したがって、ダウンロードで特攻ランクが上昇すれば(B>Dならば)防御個体値はかなり理想に近い(B12~17)ということになります。逆に、攻撃ランクが上昇する場合はリセットしてください。

第四に、ビーストブーストで特防ランクが上がったと仮定します。このとき、攻撃・防御・特攻・素早さの個体値がVではないので、ツンデツンデのステータスのうち少なくとも3つがVであることに矛盾します。したがって、特防ランクが上昇することはありません(タブンネ。)

次に、ツンデツンデの性格が寂しがりではない(おっとり・おとなしい)と仮定します。(行動順・混乱するかどうかにより、おっとりとおとなしい以外にはならない…はず。)

おっとりの場合は、寂しがりと判別がつかないので、捕まえた後でおっとりだったらリセットしてください。

おとなしいの場合は、ビーストブーストで特防ランクが上がる可能性がありますが、寂しがりでは特防ランクは上昇しないので、特防ランクが上昇した場合は、性格が不一致なのでリセットしてください。

3-4.特性がダウンロードのポリゴン

上述のようにツンデツンデの防御と特防の関係を調べたいので、特性がダウンロードのポリゴンを用意します。さっさと退場できるように、ポリゴンのレベルは1が望ましいです。

<2018年1月11日追記>
事前にツンデツンデの防御ランクの変化をリセットする必要があります。オーベムはタマゴ技でガードスワップを覚えるので、パワー・ガードシェア要員と防御ランクリセット要員の兼任が出来ます。オーベムが先手を取ってしまうと、ガードシェア→鉄壁の流れで、せっかく防御ランクをリセットしてもその直後に防御ランクを上げられてしまう可能性があるので、満腹お香を持たせると良いでしょう。

3-5.残りHPを1に調整した「がむしゃら」を覚えるポケモン

必須ではないですが、いると捕獲に便利です。僕の場合は、ラッタ(アローラのすがた)を用意しました。

3-6.「催眠術」や「キノコの胞子」を覚えるポケモン

これも必須ではないですが、捕獲に役立ちます。僕の場合は、催眠術を覚えたゴーストを使いました。耐性や種族値の点から理想を言えば、催眠術を覚えているドータクンを用意するといいと思います。

4.厳選

4-1.戦闘前の準備(3のまとめ)

パーティーの先頭は、瀕死状態の性格が寂しがりで特性がシンクロのLv60のポケモンを用意します。僕の場合は、ケーシィを用意しました。ケーシィのレベル上げが面倒でしたが、ラッキーを糧にコツコツ上げました。

2体目は、素早さ実数値が21で投げつけるを覚えるポケモンを用意し、イアの実を持たせます。寂しがり最遅ツンデツンデの素早さ実数値は20であるため、このポケモンが先制出来れば、ツンデツンデの素早さ個体値が0~2であることが分かります。また、イアの実を投げつけてツンデツンデが混乱すれば、寂しがり・おっとり・おとなしい・せっかちのいずれかであることが分かります。

3体目は、パワーシェアとガードシェアをを覚え、各ステータスを調整したポケモンです(詳細は3-3をご覧ください)。

4体目は、黒い霧やガードスワップや嫌な音などを覚えたポケモンです。ダウンロードによる判定の前準備として、ツンデツンデの防御ランクをリセットします。

5体目は特性がダウンロードのポケモンです。ポリゴンで良いです。

6体目は残りHP1のがむしゃらを覚えたポケモンです。または、催眠術やキノコの胞子等を覚えたポケモンです。要は捕獲用のポケモンです。

4-2.流れ

①投げつけるを覚えたポケモンが先制出来なければリセット。

②イアの実で混乱しなければリセット。

③パワーシェア・ガードシェア後、ビーストブーストで防御ランク・特防ランクが上がればリセット。

④ツンデツンデの防御ランクをリセット後、ダウンロードで攻撃ランクが上がればリセット。

⑤ ①~④でリセットしなければ、(がむしゃらを当てて眠らせて)捕獲します。

⑥捕まえた後、理想個体であればレポートを書いて終了、理想個体でなければリセット。

個体値確認は最速5ターンで終わります。

5.終わりに

この厳選方法には、僕の思い込みによる間違いがいくつかあると思うので、どなたかこの厳選方法を改良してください(他力本願)。

普通に厳選する方が早い気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする