【単体考察】ラグラージ【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はラグラージの考察です。PGLのランキングが更新されてラグラージがトップ30入りしたので、今回の考察対象にしました。僕はRSで最初に選んだポケモンがミズゴロウだったので、ストーリーだけでなくレートでもラグラージが活躍してるのは嬉しいです。それでは考察を始めていきます。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:水・地面
特性1:激流
隠れ特性:湿り気
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
ラグラージ 100 110 90 85 90 60 535
メガラグラージ 100 150 110 95 110 70 635

3.考察

3-1.種族値

HP・防御・特防が高水準で3つ揃っており、耐久面に優れています。攻撃面においても、攻撃種族値が110でなかなか高いです。特攻は85で低いですが威嚇に左右されないので特殊型も有りだと思います。ラグラージに欠点があるとすれば素早さが60族で鈍足なことでしょうか。

メガラグラージは耐久が上昇し、攻撃種族値も150とかなり上昇しています。特攻種族値は10しか上昇していないため物理型が基本となりそうです。素早さ種族値は70しかありませんが、特性がすいすいになるため十分な速さです。同じすいすいのルンパッパと同速のため、素早さ関係が複雑になります。

3-2.タイプ

抜群:草(4倍)
いまひとつ:炎・岩・毒・鋼
効果無し:電気

弱点はわずか1つだけのため、抜群を突かれることは少なく、高耐久を生かせるタイプです。逆に草タイプの攻撃を受けるとやばいので、ルンパッパなどからは逃げるのが無難ですね。

同タイプのポケモンには、トリトドン・ヌオー・ナマズン・ガマゲロゲなどがいます。呼び水による雨パストッパーのトリトドン、天然による積みポケストッパーのヌオー、草タイプの攻撃技を危険予知出来て竜の舞も出せるナマズンとの差別化は容易です。しかし、メガラグラージと同じすいすいを持つガマゲロゲとは比較の対象になり得るので差別化を考えた方が良さそうです。ガマゲロゲは草タイプに刺さるヘドロ爆弾・毒づきを覚える点が優れていますが、種族値はメガラグラージが勝っているので、性能の差で差別化することになりそうですね。

3-3.特性

激流:HPが1/3以下になると水タイプの技の威力が1.5倍になる。
湿り気:場に出ると、自爆・大爆発・誘爆が使えなくなる。
すいすい:天候が雨状態の時、素早さが2倍になる。

激流は汎用性には欠けますが、発動さえすれば効果は強大ですね。状況によってはメガ進化せずに激流の高火力で押し切る場面もあると思うので、湿り気とかいう無意味な特性より激流の方を採用すべきだと思います。

湿り気は使えるタイミングが非常に限られているので有用性は低いです。そもそも入手難易度が高くて持っていない人が多いと思います。普通の個体の激流で十分です。
すいすいは雨パのアタッカーとして使える特性ですね。ルンパッパに次ぐアタッカーとして活躍が見込めます。

3-4.技

有用そうな物理攻撃技:滝登り、アクアテール、地震、冷凍パンチ、アームハンマー、けたぐり馬鹿力、岩雪崩、がむしゃら、カウンター

有用そうな特殊攻撃技:ハイドロポンプ、熱湯、濁流、水の誓い、大地の力、冷凍ビーム、気合い玉、ミラーコート

有用そうな変化技:欠伸、ワイドガード、バリアー、雨乞い、守る

赤字は教え技のためサンムーンでは覚えません。

攻撃技から変化技まで色々と豊富な技を覚えます。しかし、覚える攻撃技は軒並み威力が100以下の技なので、あまり火力が出ないです。相手を倒すには雨補正や相手の抜群を突く必要があります。変化技ではダブルバトルで有用なワイドガードを覚えるので、技スペースに余裕があれば採用しても良いと思います。ラグラージ自身には熱風や岩雪崩はいまひとつのため、味方への攻撃を防ぐのが中心になります。

我慢・カウンター・ミラーコートの全てを習得出来るので、最強のカウンターポケモンになれると思います。ついでに言うと、ラグラージは雪雪崩は覚えるもののリベンジとしっぺ返しは覚えないので倍返しマスターではないです。

3-5.持ち物

大方のラグラージはメガ進化するのでラグラージナイトを持っています。メガ進化しない型であれば、命の玉、水Z、リンドの実、オボンの実、突撃チョッキなどが候補に挙がると思います。

4.育成例

4-1.メガ物理型

性格:意地っ張り
特性:激流→すいすい
持ち物:ラグラージナイト
技:滝登り・地震・冷凍パンチ・守る
努力値:A252、S252
実数値:175-222-130-×-131-122

与ダメージ
H4ランドロスを滝登りで確定1発
H4バンギラスを滝登りで低乱数1発
H252ヒードランに滝登りで8~9割のダメージ
H252ヒードランをダブルダメージ地震で確定1発
H4カプ・コケコをダブルダメージ地震で確定1発
H252メガクチートにダブルダメージ地震で8~9割のダメージ
H4メガボーマンダを冷凍パンチで超高乱数1発
H4ガブリアス、ランドロスを冷凍パンチで確定1発

特にひねりの無いASラグラージです。ダウンロード対策で余りは特防に振っています。技構成に関しては、滝登り・地震はタイプ一致技なので確定とします。冷凍パンチの枠は岩雪崩やけたぐりなども技候補です。準速ルンパッパと同速なので、素早さ関係を有利に進めたい場合は陽気も考えられます。

4-2.特殊型

性格:控えめ
特性:激流
持ち物:命の玉
技:熱湯・大地の力・冷凍ビーム・守る
努力値:H124、B12、C252、D20、S100
実数値:191-×-112-150-113-93

H4ウインディを熱湯で確定1発
H252ヒードランを大地の力で確定1発
H4カプ・コケコを大地の力で確定1発
H4ガブリアス、メガボーマンダ、ランドロスを冷凍ビームで確定1発

HPは16nー1調整、特攻はぶっぱ、素早さは4振り70族抜き抜き、残りを防御と特防に振り分けています。特攻特化にもかかわらず火力不足なので持ち物は命の玉です。攻撃範囲は広いので相手の抜群を突けば1発で倒しきれることが多いと思います。

5.終わりに

ラグラージなど御三家のポケモンはストーリーで一緒に旅をした思い出があるので、他のポケモンよりも思い入れが強く、誰しも対戦で御三家ポケモン達を活躍させたくなると思います。もしも、この単体考察がその一助になったのであれば幸いです。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする