【単体考察】ランドロス【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

アローラ!今回はランドロスの考察です。いよいよ、ダブルバトルのレートランキング1位のポケモンの考察となりました。ランドロスの考察に関しても何番煎じなのか分かりませんが、自分なりの考察に仕上がればそれで良いと思ってます(ハードルが低い)。
*次回の単体考察からはカントー地方のポケモンを順次考察します。需要が全くないと思われるマイナーなポケモン達も考察するのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:地面・飛行
特性(化身):砂の力
特性(霊獣):威嚇
隠れ特性(化身):力ずく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
化身ランドロス 89 125 90 115 80 101 600
霊獣ランドロス 89 145 90 105 80 91 600

3.考察

3-1.種族値

概して言うと耐久は並程度、攻撃・特攻は高く、素早さも高めです。化身の場合は100族よりも速い、霊獣の場合は攻撃が非常に高いのが強みです。

化身は物理・特殊・両刀のどれも有りですね。全体攻撃の地震・岩雪崩を生かした物理型、威嚇の影響を受けずに安定した火力を出せる特殊型、これらを折衷する両刀型といった感じです。

霊獣は物理一辺倒であり、その火力にものを言わせて地震・岩雪崩などで押し切れば良いだけです。その強さは過去の統計が証明していますね。

3-2.タイプ

抜群:水・氷(4倍)
いまひとつ:格闘・虫・毒
効果無し:地面・電気

弱点はたった2タイプ、半減以下は少なめの5タイプとなっています。半減以下のタイプ数は5タイプと少ないものの、そのうち2タイプが効果無しで優秀です。ゴーストタイプのポケモン以外で、無効タイプを2タイプ以上持つポケモンはほとんどいないので、ランドロスは恵まれたタイプを持っていることが分かります。

同タイプの地面・飛行タイプにはグライオンがいます。化身は防御種族値以外、霊獣は防御・素早さ種族値以外でグライオンに勝っていて、性能としてはランドロスの方が上だと言えます。

3-3.特性

砂の力:天候が砂嵐の時、地面・岩・鋼タイプの技の威力が1.3倍になる。
威嚇:場に出ると、相手の攻撃ランクを一段階下げる。
力ずく:追加効果のある技は追加効果が発動しないが威力は1.3倍になる。

砂の力の効果が発動すれば、地面・岩・鋼タイプの技については意地っ張り霊獣ランドロスより陽気化身ランドロスの方が火力が高くなるので、パーティーにバンギラスがいる場合は化身の採用を考えると良いですね。
威嚇はダブルバトルでは必要不可欠レベルの超強力特性であり、霊獣ランドロスの基本スペック+特性威嚇となると鬼に金棒のような状態です。砂パでないなら、化身よりも霊獣の採用となるはずです。

力ずくは化身限定の隠れ特性であり、現在のところ5世代限定の入手なのでレートでは使用できません。一応考察しておくと、特殊型の場合はメインウェポンの大地の力が力ずくの対象技であるため、力ずくを採用することが多いです。物理型の場合は岩雪崩の強力な怯み効果が無くなってしまうため、力ずくが採用されることはほとんどありません。もし、力ずくランドロスがレートで解禁されれば、それなりの使用数を誇ると思います。

力ずくは上記の効果以外に命の玉の反動を受けない、相手の脱出ボタン・レッドカード・アッキの実等の効果を無効化するといった仕様もあります。覚えておくとどこかで役立ちそうです。

3-4.技

有用そうな物理攻撃技:地震、地割れ、馬鹿力、アームハンマー、撃ち落とす、岩石封じ、岩雪崩、ストーンエッジ、大爆発、空を飛ぶ、とんぼ返り、アイアンテールはたきおとす

有用そうな特殊攻撃技:大地の力、神通力、サイコキネシス、ヘドロ爆弾、気合い玉、草結び、目覚めるパワー

有用そうな変化技:重力なりきり、剣の舞、ロックカット、ビルドアップ、封印、守る

赤字は教え技なのでサンムーンでは習得できません。

物理型の基本となる技構成は、地震・岩雪崩・馬鹿力・守るのようになると思います。これらの技以外にも、とんぼ返りやはたきおとすを入れる場合も良くあります。元々の高攻撃種族値に加えて、高威力の技が揃っており、トップメタに本当にふさわしいポケモンです。

特殊型の基本となる技構成は、大地の力・ヘドロ爆弾・目覚めるパワー氷・守るみたいな感じです。まあ、特殊型なんてほとんどいないので基本も何もないかもしれません。メガガルーラの上から撃てる気合い玉や水タイプのポケモンを返り討ちに出来る草結びを採用するのも有りです。

3-5.持ち物

PGLの霊獣の統計によれば、こだわりスカーフ・地面Z・突撃チョッキの人気が高いようです。物理の地面タイプのポケモンに地面Zが人気なのは定番であり、こだわりスカーフと突撃チョッキは昔から霊獣ランドロスの持ち物として確立しているので、堅実な持ち物を持たせることが多いようですね。また、Z空を飛ぶをするために飛行Zを持たせる人も少数いるみたいです。

4.育成例

4-1.霊獣スカーフ型

性格:意地っ張り
特性:威嚇
持ち物:こだわりスカーフ
技:地震・岩雪崩・馬鹿力・とんぼ返り
努力値:H4、A252、S252
実数値:165-216-110-×-100-143

与ダメージ計算
H4カプ・コケコをダブルダメージ地震で確定1発
H252ギルガルドをダブルダメージ手助け地震で高乱数1発
H252メガリザードンYをダブルダメージ岩雪崩で超高乱数1発
H4メガガルーラヒードランを馬鹿力で中乱数1発
H252クレセリアをとんぼ返りで確定3発

テンプレ霊獣ランドロスです。攻撃範囲が広く、低耐久のポケモンを上から縛ります。普通にとんぼ返りで威嚇撒いてるだけでも強いです。とんぼ返りで交代することで天候特性の再発動も出来るので天候パとの相性も良いです。氷タイプの技でコロッと落ちなければ本当に強いポケモンだと思います。

4-2.化身地割れ型

性格:陽気
特性:砂の力
持ち物:気合いのタスキ
技:なりきり・地割れ・重力(撃ち落とす)・守る
努力値:H244、D12、S252
実数値:195-145-110-×-102-168

いわゆるなりきりノーガード地割れランドロスです。特性がノーガードのポケモンになりきりをして、ノーガードをコピーして地割れを連打します。ネタとかではなく普通に強いです。飛行タイプや特性が浮遊のポケモンには地割れが通らないので重力や撃ち落とすで落としたり倒したりします。

4-3.化身特殊型

性格:臆病
特性:砂の力、力ずく
持ち物:命の玉、気合いのタスキなど
技:大地の力・ヘドロ爆弾・目覚めるパワー氷・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:165-×-110-167-100-168

与ダメージ計算(命の玉で計算)
H252ギルガルドを砂の力(力ずく)大地の力で確定1発
H4カプ・テテフを力ずくヘドロ爆弾で高乱数1発
H4ガブリアスメガボーマンダ、ランドロスを目覚めるパワー氷で確定1発

特殊型の利点は大地の力が地震のように味方を巻き込まないこと、威嚇を受けても問題がないことです。また、目覚めるパワー氷を持つことでランドロスミラーに強いです。そして、ヘドロ爆弾は環境に多いフェアリータイプのポケモンに刺さります。

4-4.霊獣封印型

性格:陽気
特性:威嚇
持ち物:地面Z
技:地震・岩雪崩・封印・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:165-197-110-×-100-157

もし相手がランドロスを使えなくて、自分だけがランドロスを使えるなら最強なのになあと誰しも一度は考えたことはあると思います。それを実現するのがこの封印ランドロスです。

岩雪崩・地震・守るを封印することで相手のランドロスは機能停止します。封印されていない馬鹿力・とんぼ返りはランドロスには効果がいまひとつなので、相手のランドロスはこれらの技でこちらのランドロスを倒すことは叶わず封印を解くことは出来ません。仮に相手のランドロスが封印を解くために等倍のはたきおとすで攻撃してきても、こちらのランドロスは地面Zを所持しているのではたきおとすの威力はゴミです。

影踏みメガゲンガーと組めば、相手のランドロスを封印の牢獄に閉じ込めることが出来ますね。ただ、とんぼ返りで逃げられてしまう気もするので、守るをとんぼ返りに変更する方がいいのかもしれません。

5.終わりに

ランドロスへの対策が薄くて勝てないときは、封印ランドロスを育成して使ってみてください!(*恐らく弱いです。鵜呑みにしないでください。)

今回でレート上位ポケモンの考察は終了です。このランドロスの考察を含めて、読んで頂いた方々、ありがとうございました。次回からはカントー編に入ります。もし、カントー地方のポケモンを育成する際には参考にして頂けると嬉しいです。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする