【単体考察】ラッタ【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

今回はラッタの考察です。ラッタ(アローラのすがた)は以前考察しましたが、今回は通常フォルムのラッタを見ていきます。ラッタはかなりマイナーなので、他のポケモンには無い強みを発見して、活躍する術を考えられれば良いと思います。メジャーなポケモンより考察する価値が有りそうですね。

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:ノーマル
特性1:逃げ足
特性2:根性
隠れ特性:はりきり
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
ラッタ(通常) 55 81 60 50 70 97 413
ラッタ(アローラ) 75 71 70 40 80 77 413

3.考察

3-1.種族値

ラッタは紙耐久、低火力、そこそこ速い素早さを持っています。ラッタ(アローラのすがた)と比較すると、ラッタ(通常)の方が耐久は低い分、攻撃面と素早さで優れています。あのラッタ(アローラのすがた)のヴィジュアルから考えれば、耐久と素早さについては予想通りの結果ですね。

3-2.タイプ

抜群:格闘
効果無し:ゴースト

ラッタ(アローラのすがた)は悪・ノーマル(細かいことだけどノーマル・悪ではない)タイプですが、ラッタ(通常)はノーマル単タイプです。そのため、弱点も耐性もそれぞれ1タイプしかありません。

メガガルーラみたいに高耐久の数値受けが出来るノーマルタイプのポケモンなら、どんなタイプの攻撃技を受けても耐えることができますが、逆にラッタのような紙耐久のノーマルタイプのポケモンだと、どんなタイプの攻撃技を受けても倒されてしまいます...。

3-3.特性

逃げ足:対戦では効果無し。
根性:状態異常の時、攻撃が1.5倍になる。火傷のとき攻撃が半減しない。
はりきり:攻撃が1.5倍になるが、物理技の命中率が0.8倍になる。

逃げ足は対戦ではゴミ特性なので論外です。
根性は非常に有用な特性です。火傷で機能停止しない物理アタッカーは偉いですね。特性が根性のポケモンがパーティーにいると、毒毒や電磁波や鬼火などの技の抑制にもつながり、他のポケモンが状態異常になるのを防ぐ効果もあります。(ラッタの特性が根性であると相手に認識されている場合の話です。相手がラッタの特性なんて知らんっていう場合は普通に状態異常をばらまきます。)

はりきりは根性のように発動に制約はありませんが、命中率ダウンというデメリットを背負っています。はりきりは安定性に欠ける特性なので、ギャンブラーでない限りは手が出しにくいですね。ただし、重力パで使う前提なら普通に有りな特性です。

まとめると、基本は根性、場合によってははりきり、逃げ足は採用の価値無しです。逃げ足にも対戦での効果を作って欲しいですね。

3-4.技

有用そうな攻撃技:がむしゃら、捨て身タックル、恩返し、怒りの前歯、必殺前歯、空元気、電光石火、追い打ち、かみ砕く、不意打ち、だめ押し、冷凍ビーム、凍える風、10万ボルト、ワイルドボルト、シャドーボール、草結び、とんぼ返り、カウンター、火炎車、いのちがけ、アイアンテールとっておき思念の頭突き

有用そうな変化技:剣の舞、挑発、電磁波、守る

赤字は教え技のため、習得の際には注意してください。

ラッタはその見た目に反して意外と色々覚えるみたいです。特に10万ボルト・冷凍ビーム・シャドーボールといった特殊技を覚えるのは意外です。これだけ特殊技を覚えるとは、魔法があるファンタジー世界のネズミみたいですね。(もしかしたら、夢の国のネズミかもしれません?!)

3-5.持ち物

紙耐久なので気合いのタスキを持たせると安定しそうです。ただし、素早さは高い方なので気合いのタスキを持たせなくても1回は行動出来そうです。耐久は諦めて火力増強系の持ち物を持たせる事で、「攻撃は最大の防御」を実現するのも有りだと思います。具体的には火炎玉やこだわり鉢巻きやノーマルZなどが良いでしょう。

4.育成例

4-1.火炎玉型

性格:陽気
特性:根性
持ち物:火炎玉
技:空元気・不意打ち・とんぼ返り・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:131-133-80-×-90-163

火炎玉で根性を能動的に発動させます。火傷状態になってしまうので毎ターン定数ダメージをうけますが、麻痺や眠りといった他の状態異常にはかからないのはメリットです。火傷状態での空元気の火力は、H4カプ・コケコをぎりぎり確定1発で落とせるという感じです。不意打ちは最後っ屁に使える技であり、とんぼ返りは先攻とんぼによってラッタが生き残りつつ相手に有利なポケモンを繰り出すのに使います。

4-2.ノーマルZ型

性格:陽気
特性:はりきり
持ち物:ノーマルZ
技:捨て身タックル・恩返し・不意打ち・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:131-133-80-×-90-163

Z捨て身タックルは必中であるため、はりきりの命中ダウン効果を一度だけ打ち消すことが出来ます。Z捨て身タックルの威力は凄まじく、H4メガガルーラを高乱数1発で沈めるほどです。

捨て身タックルより、恩返しのほうが良い場面もあると思うので、捨て身タックルと恩返しの同時採用をしています。ノーマルタイプの技を2つ採用していますが、ワイルドボルト・起死回生・火炎車・かみ砕く・とんぼ返りとかも有りだと思います。

4-3.タスキ型

性格:陽気
特性:根性
持ち物:気合いのタスキ
技:恩返し・不意打ち・がむしゃら・怒りの前歯
努力値:H4、A252、S252
実数値:131-133-80-×-90-163

恩返しか怒りの前歯で相手のHPを削ります。相手の攻撃を受けてタスキが発動したら、最後っ屁にがむしゃらか不意打ちを出します。タスキ型は根性火炎玉型やはりきり型のような爆発力は無くて地味ですが、怒りの前歯やがむしゃらでしっかり相手のHPを削ることが出来れば十分な働きをしたと言えるでしょう。

5.終わりに

この単体考察記事を読んで、ラッタつえーー!って思った人はぜひ育成して対戦で使ってみてください。なお、実際はラッタが弱かったとしても責任は負いかねるので注意してください(笑)。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする