【単体考察】スピアー【ダブル】

画像はserebii.net様より引用

1.はじめに

今回はスピアーの考察です。なお、スピアは西洋の槍の一種であり、スピアを考察しい人は他サイトでお願いします(真面目。)またまた、僕が苦手な虫タイプのポケモンの考察になってしまったので、なげやりに済ませようと思います。(スピアだけに。ただし、スピアは投擲用の槍ではないので、あまり掛け詞になっていないです。)

スポンサーリンク

2.基本データ

タイプ:虫・毒
特性1:虫の知らせ
隠れ特性:スナイパー
メガ特性:適応力
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
スピアー 65 90 40 45 80 75 395
メガスピアー 65 150 40 15 80 145 495

3.考察

3-1.種族値

まず耐久から見てみます。スピアーは物理耐久は紙、特殊耐久はまあまあですね。物理耐久に関しては、耐久が低いことで有名なフェローチェよりも更に低いです。虫タイプのポケモンは総じて低耐久ですが、スピアーはその中でも低いですね。しかも、メガ進化しても耐久面の種族値は上昇しないので救いが無いです..。

次に攻撃面を見てみます。特攻は低いですが、攻撃はなんと(スピアーの種族値にしては)90もあります。更に、メガ進化を遂げることで攻撃種族値が90から150へと超大幅に上昇します。攻撃種族値が150もあれば、トップメタのポケモンと比べても遜色ないか、あるいはメガスピアーの方が攻撃力が上ということになります。なぜか、メガ進化することで特攻は15へと下がってしまいますが、別に特殊攻撃は使わないので問題無いでしょう。

最後に素早さを見てみます。スピアーの素早さは中速であり、抜ける相手も抜かれる相手も同じくらいの数がいますね。スピアーの耐久力と素早さを考えると、スピアーが攻撃する前に倒されてしまう可能性は高いです。一方でメガ進化することで素早さ種族値がなんと145にまで上昇するため、スカーフ持ちのポケモンから攻撃を受けない限りは1回の行動は保証されていると思います。

3-2.タイプ

抜群:炎・飛行・岩・エスパー
いまひとつ:毒・虫・フェアリー・草(1/4)・格闘・(1/4)

弱点は4タイプ、半減以下は5タイプです。耐性はそれほど多くないですが、5タイプ中2タイプ(草と格闘)が1/4です。スピアーは物理耐久に関しては紙耐久ですが、格闘タイプに限っては耐えることが出来そうでありがたいです。また、草タイプに対しては虫・毒タイプの両方で弱点を突くことができ、草タイプの攻撃は1/4倍なので、スピアーを草キラーと呼んでも過言では無いです。

3-3.特性

虫の知らせ:HPが1/3以下になると虫タイプの技の威力が1.5倍になる。
スナイパー:技を相手の急所に当てたときの威力倍率が2倍になる。
適応力:タイプ一致技の威力倍率が2.25倍になる。

スピアーは耐久が非常に低いので、攻撃を受ければ倒されてしまうかHPが1/3以下で残るかのどちらかである可能性が高いです。そのため、虫の知らせとの相性は抜群であり、倒されなければ発動機会に恵まれていると思います。更に、気合いのタスキを持たせることで、虫の知らせをほぼ確実に発動出来るようになるはずです。

技が急所に当たることは希なので、スナイパーは汎用性が低い特性だと思います。一応スピアーは気合い溜めを覚えるので、気合い溜め+ピントレンズによって確定急所となります。うまくいけば威嚇などの影響を受けずに常に2倍の攻撃を与えることができますが、スピアーの耐久力で気合い溜めをする余裕があるとは思えません。スナイパーより、虫の知らせの方が良いと思います。

適応力はタイプ一致技の威力がとんでもないことになる超強力特性ですね。メガスピアーの耐久力はスピアーと変わっておらず低耐久であり、攻撃は最大の防御という言葉が板につくポケモンです。そのため、メガスピアーと適応力の相性は非常に良いです。メガスピアーが生存するには相手のポケモンを倒すしかないので、威力を増強してくれる適応力は天の恵みです。(追加効果の発生率を2倍にする特性の方ではないです。)

3-4.技

有用そうな攻撃技:シザークロス、ミサイル針、とどめ針、とんぼ返り、毒づき、がむしゃら、いかり、追い打ち、はたきおとす、瓦割り、ドリルライナー

有用そうな変化技:追い風、剣の舞、守る

赤字は教え技です。覚えさせる際には注意してください。

覚える技のレパートリーが少ないので、覚えさせる技には悩まなくて済みます。技構成としては、ミサイル針(シザークロス)・毒づき・ドリルライナー・守るのような感じが良いと思います。ミサイル針と毒づきはタイプ一致技であり、メガスピアーの場合には適応力補正も有る大技になります。ドリルライナーはメガスピアーの弱点を突く炎・岩タイプへの打点として、役割破壊が期待できます。

3-5.持ち物

基本はスピアナイトになろうかと思います。メガスピアーを使う目的でスピアーを育成する人がほとんどだと思うので、スピアナイト以外はほとんど需要が無さそうですね。強いて挙げるなら、低耐久を補う気合いのタスキや中途半端な素早さを補うこだわりスカーフなどが良いと思います。

4.育成例

4-1.メガ進化型

性格:陽気
特性:虫の知らせ→適応力
持ち物:スピアナイト
技:ミサイル針(とんぼ返り)・毒づき・ドリルライナー・守る
努力値:H4、A252、S252
実数値:141-202-60-×-100-216

与ダメージ計算
H252クレセリアをミサイル針4回攻撃で超高乱数1発
H4バンギラスをミサイル針3回攻撃で確定1発
H252メガサーナイトカプ・テテフカプ・コケコを毒づきで余裕の確定1発
H252ギルガルドをドリルライナーで超低乱数2発
H252ヒードランをドリルライナーで高乱数1発

技構成に関しては、ミサイル針はメガスピアーへの攻撃を防げるとんぼ返りでも良いと思います。また、はたきおとすやとどめ針も有りかなと思います。とどめ針は使いどころが難しいですが、決まれば超強力ですね。

また、怒りも強そうだと思います。スピアーに対して草タイプの技が1/4なので、怒り状態のスピアーにタネマシンガンをぶつけることで攻撃ランクを3~5段階上げてしまいましょう。特性がスキルリンクのチラチーノやドデカバシなら安定して攻撃ランクを5段階上昇させることができるのでおすすめです。

カプ系統には毒づき、クレセリアやバンギラスにはミサイル針、ヒードランやギルガルドにはドリルライナーによって、弱点を突くことが出来る点が強力です。

4-2.タスキ型

性格:陽気
特性:虫の知らせ
持ち物:気合いのタスキ
技:ミサイル針・毒づき・ドリルライナー(とどめ針)・がむしゃら
努力値:H4、A252、S252
実数値:141-142-60-×-100-139

気合いのタスキと虫の知らせ・がむしゃらの相性が良く、スピアーを活躍させる上では、気合いのタスキは重要だと思います。ドリルライナーの代わりにとどめ針を入れて、チャンスがあれば無双するというのも面白そうです。普通に運用しただけでは低種族値のスピアーがコンスタントに活躍出来るとも思えないので、とどめ針による一発を狙うというのはあながち間違いでもないはずです。それというのも、無振りカプ・テテフを毒づきで乱数1発、無振りヒードランをドリルライナーでぎりぎり倒せないという低火力っぷりだからです。

5.終わりに

この考察を通じて、メガスピアーではない普通のスピアーでもがむしゃらやとどめ針がうまくいけばワンチャンあることが分かりました。しかし、ワンチャンでしかないので、コンスタントに活躍させるには読みとかプレイングが必要になってきますね。そこがポケモンの面白くもあり、難しい部分なのだと思います。メガスピアーにしろ、普通のスピアーにしろ、プレイングが冴えてないとすぐ倒されてしまうので、このポケモンを使おうと思う人は読みを頑張ってください。
END

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする